『バニラ・スカイ』と『オープン・ユア・アイズ』比較

2013年6月5日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

トム・クルーズ主演『バニラ・スカイ』の
オリジナル版『オープン・ユア・アイズ』を比較しつつ
感想をつづっていきます。重要なネタバレがありますので注意!!

『オープン・ユア・アイズ』あらすじ

独身で金持ちでハンサムというすばらしいものを持ち合わせたセサール。
もちろん女性にもモテモテで美貌の女性ヌリア始め
一度会った女には二度と会わないというポリシーすらかかげていた。

そんなセサールはとあるパーティで親友ペラーヨの彼女ソフィアと出会い一目ぼれする。
お互いに惹かれあう何かすら感じていた
がそんな二人に嫉妬したヌリアに車に乗せられ、無理心中に巻き込まれる。

なんとか生き残ったセサールだったが事故により顔にひどい傷を負い、
ソフィアとの距離も遠くなり自暴自棄の生活を送ることとなる。
そんなある夜、セサールは顔を隠す仮面をかぶり、ぺラーヨとソフィアの前に姿を現す。
やけになり酔いつぶれたセサールは道に倒れて眠ってしまう。

翌朝ソフィアの声で目覚めたセサール。
顔の傷も治り、ソフィアとの仲も深まりまた元通り…
そしてさらにすばらしい人生へ戻れたかと思ったのもつかの間、ひどい悪夢に悩まされるようになる。
そしてセサールは徐々に現実と夢の区別がつかなくなる…。

1997年のスペイン映画である本作。
ヒロインであるソフィア役をペネロペ・クルスが演じたことで知られています。
主演は『バンテージポイント』にも出演したエドゥアルド・ノリエガ。
ジト目がチャームポイントです。たまにベニチ男に似てる時が有ります。

そうしてエドゥアルド演じる主人公セサールの親友ペラーヨ役にフェレ・マルティネス。
彼はなんかみたことありませんか?
独特の邦楽ロックバンドにいそうな顔!
そうです。あの御耽美(?)映画『バッド・エデュケーション』に出演していましたよね!!
かれもまたスペインを代表する俳優の一人です。

それからセサールを無理心中に巻き込んだヌリア役はナイワ・ニムリ。
やあ彼女の外見が在りし日の椎名林檎にそっくりなんですわ。みればわかる。

バニラ・スカイより4年も前に作られた作品ですが
私はバニラ・スカイ→オープン・ユア・アイズの順番で観たので
なんだかこっちのほうがリメイクのような感覚で観てしまいました。

なんといっても雨に打たれながら踊るピエロの格好をした
ペネロペ・クルスが美しい。

オープン・ユア・アイズ [DVD]

販売元:ポニーキャニオン( 2004-01-21 )

定価:¥ 4,104 ( 中古価格 ¥ 4,576 より )

時間:117 分

1 枚組 ( DVD )


『バニラ・スカイ』あらすじ

独身で金持ちでハンサムというすばらしいものを持ち合わせたデヴィッド。
もちろん女性にもモテモテで美貌の女性ジュリー始め
一度会った女には二度と会わないというポリシーすら…

って殆どあらすじは一緒なので割愛します。

さて『バニラ・スカイ』の方はどうでしょうか?
あらすじや細かいディティールにいたって『オープン・ユア・アイズ』と殆ど一緒!

キャストをご紹介。
舞台をスペインからニューヨークに変えキャストもハリウッドカラーにチェンジ!
主演は今をっていうかずっとときめきっぱなしのトム・クルーズ。
こんなに金持ちのボンボンの役が似合う俳優って他にいるんでしょうか?
ウザくもあり、哀れでもある主人公デイヴィッドを演じます。

そしてそしてヒロインはオリジナル版と同じくペネロペ・クルス。
オリジナル版もリメイク版も両方とってもキュートです。ほんとに。
小動物のような仕草もチャーミング。

そして親友役は『あの頃ペニー・レインと』のジェイソン・リー。
フェレ・マルティネスとは違ったイメージです。

そして注目したいのが主人公と無理心中をはかる元カノ役ジュリーにキャメロン・ディアス。
まあ要するにこの役はストーカーといった位置づけなんですが本当に怖いの。
こんなにぞっとするキャメロンは初めて観ました。
いつもは魅力的な笑顔も逆の印象をあたえます。

バニラ・スカイ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

販売元:パラマウント ジャパン( 2006-04-21 )

定価:¥ 1,543 ( 中古価格 ¥ 348 より )

Amazon価格:¥ 849

時間:136 分

1 枚組 ( DVD )


なんでもかんでもそっくりさ!

とにかくそんなとこまで?!ってくらいリメイク版に近づけまくってるのがオリジナル版。
まじでリメイクした意味あるのかい?ってくらいまんまです(笑)
特に演出とかね。まあ仕方ないのかな??

正直なところ『バニラ・スカイ』を先に観てしまったので
どうしてもリメイク版の方のイメージが強いのですがほんとに一緒だったね。
違うのは役者と監督くらいだよ!

一番笑ったのは主人公の主治医。
『バニラ・スカイ』ではカート・ラッセル演じるその役が
ほんとにオリジナル版まんまだったこと。
登場人物で一番そっくりにしてあるんじゃないでしょうか?
ちなみに彼が自分自身の正体に気づくシーンは見物です。

まとめ

とりあえず先入観?なくすために『オープン・ユア・アイズ』から観るのがベターかと!
トム・クルーズが出てるとどうしてもトム・クルーズの映画になっちゃうもんなー。
両方ともペネロペ・クルスがとにかくかわいいのでそこは保障するわ。

『バニラ・スカイ』と『オープン・ユア・アイズ』比較 へのコメント

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)