映画『裏切りのサーカス』ネタバレ 感想

2013年3月19日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

超絶ネタバレ邦題映画として名高い『ぼくのエリ~』の
監督トーマス・アルフレッドソンがジョン・ルカレのスパイ小説を
映画化した『裏切りのサーカス』をみました。

まず前提として原作はコニー・サックスが出てくるあたりまで(すげー序盤です
読んでいるって感じなのでお手柔らかによろしくおねがいします。
あ、とってもネタバレしてるので注意して下さいね!

裏切りのサーカスあらすじ

東西冷戦下の1980年代―
英国情報部の中枢“サーカス”のリーダーであるコントロールは
サーカス内に二重スパイの“もぐら”がいるという情報を確信し
ハンガリーに工作員ジム・プリドーを送り込む。
しかしジムは敵方の銃弾に倒れ拉致され拷問を受け
結果情報漏洩へとつながってしまう。
それも含めた長年の作戦失敗からコントロールは
腹心の部下老スパイのスマイリーと共に引退に追い込まれる。
引退後コントロールは病に倒れたがスマイリーは
情報機関監視役レイコンの命令によりもぐら探し再開することとなる。
もぐら候補はサーカス内部の人物
現在サーカスを仕切るパーシー・アレリン、パーシーを陰で操るビル・ヘイドン、
付和雷同なトビー・エスタヘイス、愚直なロイ・ブランドの4人が上げられた。

もぐらは一体誰なのか。
スマイリーの捜査と共に明らかになるその意外な正体とは…

スパイ映画なのにめっちゃ地味

本作はスパイ映画。
みなさんスパイ映画ときいて何を思い浮かべますか?
激しい銃撃戦、美女との恋、そして秘密兵器!
スパイなのに目立ちまくりのどはでーな映画が浮かぶんじゃないでしょうか!

さてこの『裏切りのサーカス』もスパイモノ!なのですが
観ての通りじみーな映画です。
ドンパチもなし美女との恋…はいちおうあるけどサイドストーリーだし
もちろんSFちっくな秘密兵器は登場しません。
主人公のスマイリーが淡々と真実を紐とく様が描かれています。
すごーーく地味にね。

キャスト豪華だなーっ!!

この映画の注目すべき点はそのストイックな世界観だけでなく
豪華なキャスト。イギリスの名優たちが顔をそろえておりますよ。

裏切りのサーカス

老けたなあ!

主人公のスマイリーを演じるのはゲイリー・オールドマン。
スマイリーって名前の割に一度も笑わない老スパイです。
ゲイリーといえば『レオン』みたいなネジがブッ飛んだ悪役
のイメージがありますが今回は寡黙な老スパイ!!
え?ゲイリーって老スパイって年でもないでしょ?と思ったのですが
もう54歳なんだねえ。しかし今回はなおさら老けて見えます。
寡黙なスマイリーですが最後の方でキレるシーンがあります。
いつも穏やかで急にブチギレる様は相棒の右京さんそのものです。

スマイリーの部下?ピーター・ギラム役がベネディクト・カンバーバッチ
通称缶バッチ。缶バッチといえばドラマ「シャーロックホームズ」
馬顔でありながらタイトルロール、シャーロック・ホームズを演じて
もうとんでもないくらい、大きい女の子に人気がでました。
どんくらい人気かっていうと来日で空港が軽くパニックになり
映画雑誌に彼のグラビアカレンダーがつくくらいです。末恐ろしい!
そんな缶バッチが金髪の坊ちゃん刈りで登場。似合うねしかし。
ちなみにこの缶バッチの演じるギラムくんはゲイボーイの設定なのですが
原作ではいたってノーマルでそんな設定微塵もありません。
なんでその辺変えたんだろうね。でも商業的にはその辺効果的だったんじゃないかな?
(缶バッチのファン層的に)

コリン・ファース

ぜんぜんドモらない!

それからそれから言い忘れちゃいけないコリン・ファース。
『英国王のスピーチ』ではドモドモドモ、ドモリ王でしたがなんとまあ
こりゃかっこいいぜ!!飄々として女好きで一癖も二癖もあって
なんか色気が有ってすごくかっこいいビル・ヘイドンを演じます。
(気持ち悪いかと思いますがご容赦ください…。)
もぐら候補の俳優がトビー・ジョーンズ、キーラン・ハインズ、デヴィッド・デンシック
と並ぶ中でコリン・ファースってもうお察しでしょうよ!!
『セブン』のケビン・スペイシーくらい隠しとかなきゃいけないキャストじゃないの?
銃弾に倒れるジム・プリドー(マーク・ストロング)との
仲良しっぷりからも目が離せないはず。

そうそのマーク・ストロングですが彼と言えば悪役ばっかだよねいつも。
ここ最近でもシャーロックホームズグリーンランタンキックアスジョンカーター
ともう敵的敵的!!
そんな悪役商会な彼ですが今回はそうじゃないみたいですよ!
ビル・ヘイドンと一心同体と言われるくらい仲良しこよしだったジムは
なんだかうるうるしていていつものマーク・ストロングからは想像もつかない
悲しそうな人です。ビルとの友情に自ら幕を引く姿には
思わずええいああもらい泣き!

その他、ちっさいおっさんトビー・ジョーンズやキーラン・ハインズ
いっつもイアン・マッケランと間違うジョン・ハート、
あ、それとすっげー自分勝手色ボケ野郎リタ・スキータの役には
今をときめくたらこ唇のトム・ハーディ。トム・ハーディに髪の毛があると
とても違和感があるのだとこの映画で気付かされました。

もっと欲しかったシーン

上映時間が増えてもいいから増やしてほしいシーンがありました。

まずジムと少年ビルの物語。ジムがスパイという道から去り赴任した学校で
一人浮いた転校生ジムと出会い心を通わせます。
そんな二人の物語が原作では結構じっくり描かれているのですが
映画はちょっと少なかったですね。
増やしてほしいなスマイリーの水泳シーンを減らしてもいいからさ。

それとサーカスの連中のキャラクターをもっと掘り下げてほしかった。
ビルはともかくいやビルも少ないけど他の3人のキャラが立ってなさすぎ。
アレリンは嫌味なやつ、エスタヘイスはゴマすりキャラっていうのはわかるけど
ロイ、お前は何してたよ?のっぽなだけか?のっぽのロイか?
と言いたいくらい特に目立ってなかった。
それぞれがどういうキャラクターで何を抱えているのかもっと掘り下げて頂きたかったね。
増やしてほしいなスマイリーの水泳シーンを減らしてもいいからさ。

まとめ

物語はとっても複雑に絡み合っていて
上映前に人物相関図が配られ、リピーター1000円キャンペーンが行われるほどでした。
それくらい何度もみないと分からないのです。
分からないっていうか分かりにくく表現されていたというか…
とりあえずコリン・ファースのカッコ良さに今さらながら気付いたので
こんなコリン・ファースがこんなな映画をもっと見たいもんだね。

≫と言うわけで観たのが『ドリアン・グレイ』でしたが…

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]

販売元:Happinet(SB)(D)( 2012-11-02 )

定価:¥ 5,076 ( 中古価格 ¥ 1,198 より )

Amazon価格:¥ 16,880

時間:128 分

1 枚組 ( Blu-ray )


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)