続編決定!『テルマエ・ロマエ』の魅力

2013年4月20日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

阿部ちゃんがローマ人?!というめちゃくちゃな設定の
お風呂映画『テルマエ・ロマエ』。
続編も決定!ということで盛り上がってます…の?

ヤマザキマリ作のお風呂ローマ漫画(略してお風呂ーマ漫画)
『テルマエ・ロマエ』。
古代ローマの設計技師ルシウスはひょんなことから
現代の日本にタイムスリップしてしまいます。
そこで日本のお風呂文化に触れ、いろいろなアイデアを古代ローマに持ち帰り
名声を得ると言うお話。

売れすぎ!テルマエロマエ原作!

このテルマエロマエ。皆さんご存知の通り原作は漫画です!
原作者のヤマザキマリさんはそのマニアックな内容から最初同人誌で出そうとしていたとか?
5000冊売れたらいいかなとか思ってたらしいですがまさかまさかの大ヒット。

書店員の選ぶマンガ大賞2010、第14回手塚治虫文化賞短編賞に、
「このマンガがすごい!」2011年版オトコ編2位、
全国書店員が選んだおすすめコミック2011、3位入選。

などなどなどなど
もうわんさわんさと賞をとりまくり空前の大ヒットとなったわけです!
売れに売れて1巻は約50万部という発行数になったそうですよ
ほげげげ…

キャスト濃すぎ!!

テルマエ・ロマエキャスト

まるで舞台


本作の舞台はローマ…のはずですが映画版キャストは日本の人気俳優で固められています。
しかし、心配ご無用!!
なぜならローマ人役のキャストたちはもうくどすぎるくらいに濃いやつらが
集っておるのです!

ルシウス役に阿部寛!顔が濃い!
ハドリアヌス役に市村正親!顔が濃い!!
ケイオニウス役に北村一樹!顔が濃い!!!
アントニヌス役に宍戸開!顔が濃いいいいい!!!!

この通りもう濃すぎるやつらがローマ人の役を演じます!
エキストラには外国人の方がたくさんキャスティングされているようですが
並んでも見劣りしないかも…?
特に主演の阿部寛はそのホリが深いお顔もさることながら
そのガタイのよさも外国人並み!
美大生がこぞって写生したくなること間違いなし!!
この映画ではいやというほど彼の全裸を堪能することが出来ます。
もういやというほどいやというほど。
やっぱこのために体しぼったりしたのかな??

でももし『テルマエ・ロマエ』がハリウッドで映画化される!
という話になったら…と思いかってにキャスティングしてみました。

ルシウス役にホアキン・フェニックス。
ハドリアヌス役にリチャード・ハリス。
ケイオニウス役にトミー・フラナガン。
アントニヌス役にラッセル・クロウ。

ん?どこかでみたキャストなような…

テルマエ・ロマエってどんな意味?

テルマエロマエテルマエロマエとコンパクトで変身すんのか?
ってくらい繰り返しているけれどどういう意味なのかな??
…と疑問を抱かれた方も少なくは無いはず。
Wikipedia大先生によるとラテン語で”ローマの浴場”って意味らしいです!

まんまだね。

クールジャパン!な楽しみ方

ルシウス

マッチョやな


ここ近年クールジャパン!な番組ってものっそたくさん増えたと思いませんか?
日本に滞在する外国人が日本という文化に触れて、驚いたことや感心したことなど
面白おかしく特集したりするというもの。
外国人ならではの視点が日本人にとっては面白かったりします。

本作でもルシウスという外国人(しかもものっそ昔の人!)が
お風呂やウォシュレットに驚いたりするシーンがたくさんあり
そんな番組を見ているかのような気分にさせてくれました。

謎のドラマティック感

あれをいったいどうやって映画化するんだ
っていうか映画にすべきスケールなんすか??
と漫画を見たことがある人なら誰でもおもったのではないでしょうか?
しかし、いい感じにドラマティックにいい感じになっています(求:語彙力)

原作にはラブストーリーのかけらもありませんが
(いや、奥さんとの揉め事とかゲイに間違われるエピソードとかあるけど)
本作では原作の設定を生かしたオリジナルキャラクターを
上戸彩が演じておりそんな彼女とのちょっとしたラブもあり!

そして、上戸彩が逆タイムスリップしたり、
ルシウスの建設した風呂がローマの未来すら変えてしまうという
なんかしらんが大げさな設定があふれかえっているので
映画らしい映画に仕上がっています。
お風呂×タイムスリップモノとして楽しむことが出来るのではないでしょうか??

まとめ

おもしろギャグ漫画の映画化ということで不安がいっぱいでしたが
なかなかしっかりまとまっていたとおもいます。
しっかりっていうのは語弊があるかもしれませんがまあちゃんとしてた?
コメディも笑えたし、なかなか映画してたよ!!

そのせいか公開されるやいなや映画版も大ヒットしてましたよね。
公開週以降何週も興行成績のトップ5に居続けた覚えがあります…
なんでここまで…と考えたのですが
やっぱ敬遠する人がいないから…でしょうか。

阿部寛×コメディ映画

ということで別に嫌いな人がいないんじゃない?っていう。
この映画を「どうしても観たくない!」って人がいなさそうなのが強みでしたよね…
しいていうなら阿部寛が大嫌いな人は観たくないだろうけど…
なんせ阿部ちゃんの裸だらけだし…

原作とはまあ別物かもしれませんが…
これはこれでよかった!!ってかんじかなあ!!!
続編も決定したし!ますます盛り上がることでしょう…

テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]

販売元:東宝( 2012-11-23 )

定価:¥ 4,104 ( 中古価格 ¥ 1,299 より )

Amazon価格:¥ 3,860

時間:108 分

1 枚組 ( DVD )


関連記事

天使とデート
天使が出てくる映画
L.A.ギャングストーリー
ショーン・ペンがギャングになった映画!!
クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト・ライジング』
映画『ダークナイト・ライジング』ネタバレ 感想

続編決定!『テルマエ・ロマエ』の魅力 へのコメント

  1. ゆ〜

    またまたお邪魔します(^^)
    うん、何年か前にお風呂屋さんでポスター見て惹かれましたが、そのまんま行かずじまい・・・借りてみようかな、阿部ちゃんも、上戸彩も好きやし*\(^o^)/*
    最近といっても何年か前ですが観に行った数少ない映画で、ミッションインポッシブルとワルキューレ(古っ)が面白かったですね、もしよければネタバレ的な事もやってみてください♪

    返信
    1. oden 投稿作成者

      >ゆ~さん
      いつもありがとうございます!!
      お風呂屋さんって…ピンポイントでポスター貼ってたのですね笑
      何も考えずに気楽に観られる映画だと思いますよ♪

      おおその二作品…というとトム・クルーズつながりでしょうか??
      ミッション~シリーズは全部観たのですが記憶が薄れているので
      あらためてワルキューレとあわせて観てみようと思います!
      また観てみたら書いてみますね!笑

      返信
  2. ゆ〜

    こんにちわ!
    トムが好きなわけではないけど、興味を持ったのを観たら彼がでています(笑)学生の時に観たトップガンもそう、あと、バニラスカイとか。この系統はなんでしょうね。バラバラだけど、ちょっとアクションぽいかな?な映画が好きなのかもしれません。

    返信
    1. oden 投稿作成者

      >ゆ~さん
      なるほど!てっきりゆ~さんはトムクルファンなのかなと思いました笑

      『バニラスカイ』は素晴らしかったですね。私は好きな映画の一つです!
      たしかにトム・クルーズの主演作はアクションが入ったものが多いですね!
      『マイノリティ・リポート』とか…!

      返信
  3. ゆ〜

    ありましたね、マイノリ!そうなんです、よくトムのファンとまちがえられます(笑)私の好み的にはトムより共演者のペネロペクルスとか、クレッチマンとか、欧風が好きなんですよ*\(^o^)/*トムはアクションをスタントなしでこなすところが尊敬です。やはりアクションは楽しいですね。

    返信
    1. oden 投稿作成者

      >ゆ~さん
      たしかに『バニラ・スカイ』のペネロペはびっくりするほどキュートで美しかったですね。すこしさびしい感じというか…

      トム・クルーズはドバイ(でしたっけ?)の高層ビルをスタントなしで登ったというニュースをみてビビりました。プロ根性たくましすぎますね。笑

      返信

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)