『ヤギと男と男と壁と』の邦題って正解なの?

2013年2月25日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

千原ジュニアが邦題を命名した映画
『ヤギと男と男と壁と』これって正しい邦題なの?
感想も交えて語ります。

邦題『ヤギと男と男と壁と』

さてこの映画のクソ長い邦題『ヤギと男と男と壁と』っていうのは
お笑い芸人千原兄弟の千原ジュニアが命名!

なんでも「○○と○○と○○」みたいな邦題つければいいのかい?
『女と女と井戸の中』といい『酒と泪と男と女』といい
『僕とフリオと校庭で』といい『部屋とYシャツと私』といい
『卓球とハードロックと僕』といい…もういいよ!!

ちなみに『ヤギと男と男と壁と』の
原題は『The Men Who Stare at Goats(ヤギを見つめる男)』うーん。

その他候補に『クルーニー・ジョージのすべらない戦場』ってのも
あったらしいので『ヤギと男と男と壁と』になってよかったのかもしれません。

なんだかフォースな映画だね。

本作はまったくスター・ウォーズとカンケー無いにもかかわらず
主人公はジェダイの騎士オビワン・ケノービーことユアン・マクレガーだし、
なぜだか“ジェダイ”や“フォース”はたまた“ダークサイド”など
ウォーズ用語が飛びかいます。

軍隊ものと思いきや!

米軍の実在した超能力部隊を中心にストーリーは展開します。
ユアン・ケノービー・マクレガー演じる
新聞記者で主人公のボブは、妻が編集長と浮気したショックから
イラクに旅立ち実在した超能力部隊の謎について迫ります。

ひょんなことからきちゃない物売りのおっさんリン(ジョージ・クルーニー)に出会います。
そして、リンこそがその超能力部隊のエースだと発覚。
リンの言う“任務”にくっついていくことになります。
しかしリンに振り回されまくりしまいにはブチギレ
…二人の乗る車が地雷で吹っ飛んだり、誘拐されたり、
銃撃戦に巻き込まれたりともうわやくちゃ!

というお話。軍隊ものか?!と思いきや
殆どボブとリンロードムービーといっても過言ではありません。『DUEDATE』を思い出しました。

ジョージ・クルーニー・カワイイ

さてリンを演じるのはジョージ・クルーニー。
大泥棒のイメージしかありませんよね。

ピャーピャラパパッパー!ピャーピャラパパッパー!
ていうテーマソングのあの映画(わかるか!)
私一時期あの映画をむさぼるように観ており、
自分もなんだか盗みのスペシャリストになったような気がして
美術館なんかに出かけた時には「ここの警備はぬるいな・・・」などと1人ほくそ笑んだものです。

さて本作『ヤギと男と男と壁と』の回想シーンではクルーニー本人が青年時代を演じます。…がこれがむちゃくちゃかっこいいのまじでよお!!!!
長髪で髭で笑うとチャーミングなお姿…。今やチョイ悪おやじの代名詞ですが(たぶん。ジローラモの次くらいには)こう淀みのない笑顔がまぶしいです…。

ヤギと男と男と壁と

←キャ?ワ!イイv

キャストの割に若干期待外れ感もなくはなかったですが、先述したロン毛のクルーニーがかっこよかったので持っていかれました。全て。あとユアンはあーゆーヘタレが似合うね。

関連記事

ヘルプ~心がつなぐストーリー~
映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』ネタバレ 感想

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)