映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ 感想

2013年6月4日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

アン・ハサウェイがめっちゃがんばる映画
『プラダを着た悪魔』。
六年以上前の作品ですが近々テレビ放映があるそうで。
仕事で悩んでるときにこの映画は観るべきなのでしょうか?

『プラダを着た悪魔』あらすじ

ジャーナリストを目指すアンドレア(アン・ハサウェイ)は田舎からニューヨークに上京し
多くの女性が憧れるファッション誌「ランウェイ」の編集部に就職する。

編集長ミランダのアシスタントをつとめることとなったアンドレア。
ミランダ・プリーストリーはランウェイの編集長をつとめるだけではなく
ファッション界において絶大な影響力をもつ人物だった。

しかし、ミランダは仕事だけではなく身の回りの世話など
様々な無理難題をアンドレアに押し付けるのだった…

がんばりすぎや、アンドレア

“恋に仕事にがんばるあなたの物語”
というキャッチコピーが物語ってるように
本作はまさにそれで、仕事をがんばる女の子のストーリーです。

鬼のような上司の元でめちゃくちゃな労働時間
欠航した飛行機を飛ばせだの、発売前のハリーポッターを手に入れろだの、
次々につきつけられるめちゃくちゃな要求に耐えています。
私だったら三日目くらいでこんな仕事場に絶望し
バックレるかもしれません。

GOGOミランダ様

ミランダはほんとに我が道をいくハイパー女性。
ワガママ・傍若無人で人をコケにしておりまして、
もうアンドレアなんか人とも思ってないような扱いです。
仕事第一主義でだからこそファッション界を牽引する人物にまで上り詰めた
カリスマ的存在なのです。
いや、その生きざまいっそカッコイイ!…と思っていましたが
ミランダ様の魅力はそれだけではありません。

アンドレアはミランダ様とパリに行った際に
離婚問題から、目を真っ赤にしながら耐えるミランダ様の姿を観ます。
そこで無敵のミランダ様とはいえ誰かの妻であり、また母であり
ごくごく普通の女性なのだという事実に気付きます。
いつものこわーいふるまいから一転した彼女の姿にはもうなんかもろもろ通り越して
きゅん…とするほかありません。

全然関係ないけどミランダ様はうちの祖母に似てます

アン・ハサウェイの変身ストーリー

『プリティ・プリンセス』はごくごく平凡な(むしろ地味めな)
女の子が突然王女様になるというシンデレラストーリーですが
今回も新聞記者志望の地味な女性がファッションの最先端を行く
雑誌『ランウェイ』の編集部に入ることでみるみるセンスが磨かれ
美しくなっていく様子が描かれています。
あんなに美しいアン・ハサウェイに「デブ」といえるのはミランダ様だけでしょう。

アン・ハサウェイはあと何度変身を残してるのでしょうか?

その他見どころ

その他の本作の見どころをあげてくね

  • スタンリー・トゥッチのカマっぷり
  • メンタリストがメンタリストのまんまだ
  • いかにもとって付けたかのような邦題だなー!
  • と思ったら原題も「The Devil Wears Prada」
  • そのまんまでした!ごめんご!

まとめ

この映画はある意味人を選ぶ。

確かに誰が見ても面白いし、アン・ハサウェイの成長や変身が楽しい映画です。
ミランダ様が実はごくごく平凡なか弱い女性だった所もぐっとくるし。
とにかく見ていて飽きない映画です。

しかしミランダ様の要求に意地でも答え、仕事を懸命にこなすアンドレアをみて
みなさんが感じるのは違うものだと思います。

意識の高い方()は

「アタシもがんばらなきゃ」

とがんばれる映画ですが、そうでもない人は

「ああ〜…アンドレアこんなにがんばってんのにわたしはだめだな〜あ〜あ」

となることうけあいです。特に仕事で悩んでるときどっちに感情が傾くかは人次第。
私がどちらのタイプなのかは想像におまかせします!

アン・ハサウェイ出演作の感想記事一覧

プラダを着た悪魔 [Blu-ray]

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)( 2012-07-18 )

定価:¥ 2,571 ( 中古価格 ¥ 909 より )

Amazon価格:¥ 920

時間:110 分

1 枚組 ( Blu-ray )


関連記事

RED LINE
映画『RED LINE』ネタバレ 感想
トワイライト・サーガ/ブレイキングドーンpart1
映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』ネタバレ 感想
アイキャッチ画像無し
アベンジャーズが日本で失敗した理由

映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ 感想 へのコメント

  1. ゆ〜

    ミランダ様、お美しいですよね。私も実母似の彼女が大好きです。ミランダ様と実母は同年代なので共感を誘います。大学生の娘もDVDを見て、「あ!おばあちゃんや!」と叫んでました。アンの表情も可愛くて、本当、良い映画だと思います。

    返信
    1. oden 投稿作成者

      >ゆ~さん
      コメントありがとうございます!
      本当に『様』をつけたくなるくらい美しくかっちょいーです!

      なんと…お母様がミランダ様タイプなのですね笑
      日本各地に実はミランダ様が潜んでるのかも…
      憧れる女性です!

      本当にいろんな意味で刺激をうける映画ですねー!

      返信
  2. ゆ〜

    oden様
    ありがとうございます(^^)
    働いているといろんな事がありますね。お互いミランダ様の親族(笑)として毎日を美しく生きたいですね。アンにはポストミランダになってほしかった、そう感じるのは私だけでしょうか。色々考えてしまう映画です。これからもいろんな映画の感想や、オススメなど紹介していって下さいね、応援してます!

    返信
    1. oden 投稿作成者

      >ゆ~さん
      またまたありがとうございます!
      そうですね…この映画はどうしても自分の立場に置き換えて観てしまいます。
      ある意味あのアンの決断(ミランダ様のもとを去るという)が
      また新鮮で…いい意味で裏切られたような気分でした。
      確かにポストミランダになったアンの姿もみてみたかったですが…!

      そして嬉しいお言葉ありがとうございます!
      くだらないような記事ばかりですが引き続き
      こそこそ書いていくのでよろしくおねがいします^^!

      返信

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)