映画『サイド・エフェクト』ネタバレ 感想

2014年6月23日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する
ドラゴン・タトゥーの女のルーニー・マーラ演じる主人公が
抗うつ剤の副作用から精神を病み破滅していく様を描く映画
『サイド・エフェクト』のネタバレ感想です。


サイド・エフェクト

『サイド・エフェクト』あらすじ

エミリー(ルーニー・マーラ)は夫のマーティン(チャニング・ティタム)
が株の違法取引で逮捕されたのをきっかけに
かつて患っていたうつ病が再発し自殺未遂などを繰り返していた。
マーティンの釈放後も病は快方に向かわず、彼女の主治医のバンクス
(ジュード・ロウ)は、彼女の元主治医であるシーバート博士(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)
に相談し、彼女の了承も得た上でうつ病の新薬アブリクサを処方する。
アブリクサの効果は絶大であったが徐々に副作用に悩まされるようになる…

そしてある日ついに薬の副作用で徘徊していたエミリーが
夫のマーティンを殺してしまうという最悪な事件が起こってしまう。

うつ病の主人公が破滅していく様を描くくら~いドラマ

かと思うじゃない??思うでしょ???予告見たときあたしもそう思ったし
そのつもりで見ていたわけですよ。

そ し た ら

ぜんぜん違ってたよお~~~~

愛する夫を殺してしまったエミリー。
しかし精神の異常が認められたことから罪に問われません。
しかも裁判では薬のせいで自分がこうなったと主張したのです。
そのためマスコミや周囲の非難は主治医のバンクスに集まりました。
その結果バンクスは職を追われ、家族も失いかけてしまいます。

しかし、バンクスはエミリーの症状に違和感を覚えます。
エミリーのさまざまな症状を紐解いていくと沢山の矛盾が見つかります。
たとえば衝動的に車で壁にぶつかり、自殺未遂しようとしたのに
シートベルトはきっちりしめていたとか…

裏切られた~~~~~~~~~~~~(;;)

というわけでね、結局、エミリーのうつは詐病でした。
この事件をきっかけに株で一儲けしようとエミリーとシーバートの
二人で企んだ事だったのです。

なんと!!許さない~~~

この映画自体前半はエミリー目線で展開していくため
ついついエミリーに感情移入せざるを得ません。
うつ病になやまされ、今度は薬の副作用になやまされ
ついにだんなさんまで殺してしまって…
かわいそうなエミリー…世界中のみんながエミリーの敵になったって
あたしだけはエミリーの味方だからね(;~;)
そう思えてくるのです。

しかし!!!それらはすべてエミリーの思う壺でした!

すべては金儲けのための演技だったのです!!
くそったれええええ~~~~~

まるでそう新暗行御史1巻読んだときとおんなじ感覚になった!!

ザマミロ&スカッとサワヤカ

まあ一番くそったええええええ~~~と思ったのは私よりバンクスです。
エミリーとシーバートによって陥れられ職も家族も失いかけたバンクスは
死に物狂いで真実をあばくため駆け回ります。
そこでついにエミリーの口から真実をきき、シーバートを仕留めることに
成功するのであります!!!!

シーバートは逮捕されますが、エミリーはすでに心神喪失で罪を問われないという
判決がでています。なんてこった!!!というわけでバンクスが彼女にした復讐は
精神病の治療…

どういうこと?と思うかもしれませんが。
本来精神をわずらった人と同じように薬を処方し、監視の医師をつけたのです。
精神病の薬は副作用(いわゆるside effects)が強く飲むだけで髪の毛が抜けたり、
吐き気や不快感に悩まされたりと、正常な人間ならばかえって精神を病むものばかり…

もちろんエミリーは病気なんかじゃなく正常な人間なワケですから
大量に処方される精神病の薬は彼女にとって毒でしかありません。
いままではすべて処分していましたが今回は監視もついているために
飲まざるを得ないのです…

副作用を利用した女が副作用をもって成敗されるというわけであります!

まとめ

はじめはルーニー・マーラ演じるエミリーが精神をわずらい
薬の副作用にさいなまれどん底に落ちていくストーリーだと思いました。
精神面を描くというか。ひろ~いくくりでいうとブラックスワンのような。

しかし、ふたを開けてみればジュード・ロウ演じるバンクス医師を
探偵役に据えたサスペンスストーリーでしたね。これは意外だったかも。
観た後にこっちまで鬱になりそうなドンヨリストーリーかと思いきや
意外にも勧善懲悪でさっくりとした後味の映画でした。おどろき。

こんなにルーニー・マーラにむかついたの初めて!

サイド・エフェクト [DVD]

販売元:松竹( 2014-03-08 )

定価:¥ 3,564 ( 中古価格 ¥ 1,350 より )

Amazon価格:¥ 2,757

時間:106 分

1 枚組 ( DVD )


映画『サイド・エフェクト』ネタバレ 感想 へのコメント

  1. JB

    お久しぶりです。
    「サイド・エフェクト」、評判が良いんで予備知識無しで観たら、けっこう楽しめました。
    ルーニー・マーラってクセのある役が多いんで、序盤、彼女が夫を殺しちゃうところで「これは何かあるぞ」と思ったら、何かあったので、嬉しかったです。(何のこっちゃ)
    ジュード・ローが反撃に転じるところは確かに小気味良かったですよね。
    「ドラゴン・タトゥー」では、逆にルーニーちゃんがダニエル・クレイグのために反撃するのが小気味良かったですが。

    返信
    1. oden 投稿作成者

      >JBさん
      おひさしぶりです~!コメントありがとうございます!!
      そうですね!私は予告をちらっとだけ見た覚えがあったのでその程度で挑みました。
      かなり内容勘違いしてましたね;;
      推理しながらみられたということですね!笑
      そうそう、ちゃんと成敗されたのはスカッとしました。
      ドラゴンタトゥーとの違いでさらに憎しみが募るというか…笑

      返信

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)