『千と千尋の神隠し』考察・解釈

2013年6月17日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

ジブリ映画の代表作のひとつ『千と千尋の神隠し』。
不思議な世界観にはさまざまな解釈が出来ると言われております。
というわけで千と千尋にはどういった意味があるのでしょうか?

ジブリアニメと言えば子供もおとなもおねーさんにも
愛されるものというイメージが有ります。

日本の子供向けアニメ業界では
ディズニーと双璧をなしている
といっても過言ではありません(偏見)

そんなジブリアニメは沢山の人々から
愛されているわけですから
当然裏設定や裏解釈などの噂もとびかいます。

そういえば『メイとサツキは実は死んでる』って
噂は否定されたんだっけ??
まあそういった設定を勘ぐるのは面白いものです。

『千と千尋の神隠し』は
明るいけれどちょっぴり怖くなるような世界観が
押し出されていてそういった想像を掻き立てられる作品です。

『千と千尋の神隠し』よくわかるあらすじ

千尋っていう女の子がお父さんとお母さんの車にのっていたんだけど、お父さんが地図とか見ずに知らん道に入ってしまって変なトンネルがあるとこまで迷ってしまって、仕方なくトンネルを抜けたらレストラン的なところがあって、なんすかこれってなったんだけどお父さんとお母さんは勝手にレストランのごはんをたべちゃって、千尋がとめたんだけど全然聞かなくて、そしたらどんどん豚に変身しちゃってうわーってなってあーどうしようってなって、結局お父さんとお母さんは豚のままだし、家に帰りようがないから、頭がでかいおばあちゃんのやってるお風呂屋さんで働くことになって、でも千尋は千尋でたいがいゆとりだからなんにもできなくて、なんかおかっぱのきれいな男の子とかやさしくしてくれて、あと顔がのっぺりした女の子も優しくしてくれてなんとかなってきたんだけど、カオナシってゆうよーわからんやつが千尋のストーカーみたいになって、拒否したらすげー怒って大変な事になって、なんだかんだなんだかんだあって豚になったお父さんとお母さんも人間に戻ってめでたしめでたし。

千尋があっちの世界にいたのは何日間?

タイトルの通り神隠しにあって
千尋が謎のお風呂屋さんで働くお話なんですが。

そういえば千尋があっちの世界にいたのは何日なんだろう…

いろんな説があるみたいだけど
3泊4日って説が有力…?なのかな?

ソースがあいまいなので申し訳ないのですが
設定だかインタビューだかで3日間と名言されたとか?

車の上に落ち葉やほこりがつもってた
→1日やそこらではない

車のバッテリーがもっててすぐエンジンがかかった
→バッテリーが持つのは1週間くらい?

でも千尋の父さんの車はアウディ
→アウディだと1ヶ月くらいバッテリー持つ?

とかなんとか考察されてたのは興味深かったなあ。

お約束

神話や怖い話なんかで、異世界や黄泉の国なんかに
迷い込んだ時やってはいけないこととして

①異世界のモノを口にしてはいけない
②後ろを振り返ってはいけない

というのがあげられます。

このお約束は古くは古事記、またはローマ、ギリシャ神話
なんかでも見られます。
日本とヨーロッパでまったく同じな
トレス並みのお話が描かれてるって言うのはすごいよね。
どんな理由が有るんでしょう・・・?

このお約束はよくある異世界に迷い込んでしまった系の
怪談や不思議なお話、そしてジョジョにも出てきます。

本作でも、異世界の食べ物を食べた
千尋の両親は豚になってしまいました。

そして終盤のシーンでは後ろを振り返っちゃいけないよと
注意されます。
なかなかお約束にのっとってますよね。

人間じゃない登場人物

タイトルの通り神隠されたわけですから
登場人物も人ならずものばかりです。

八百万の神様がくつろぎにくるやってくるスパのお客は、
大根みたいなのとかひよ子みたいなのとか、
働いてる人も人間に見えますがカエルにナメクジ、
そして狐などなど…不思議な不思議な世界観を形成しています。

お父さんもお母さんも豚になっちゃったし
あの場所で人間なのは千尋だけだよね?

本当の油屋

よく油屋がそういった施設を暗に示している…
という話があげられますが。
そういえばそんなふうな看板もあったし…
たくさん結びつく描写がありますよね…

不思議な世界観

神様が集う不思議な場所が舞台なわけですが
建物なんかの世界観はかなりばらばら。

油屋の町並みは台湾の九份という街を
モデルにしてるそうです。
(九份でぐぐるとマジで千と千尋!!)

九份

九份

油屋の中はガラリと和風だったり、絶壁があったり、水上電車があったり、
洋風おうちがあったりとにかくばらばらなんです。
なのにすっごくマッチしてるよね。すごい一体感を感じる
死ぬまでに一度は九份に行ってみたいですね。

その他のジブリネタ

千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント( 2002-07-19 )

定価:¥ 5,076 ( 中古価格 ¥ 1,497 より )

Amazon価格:¥ 3,500

時間:124 分

2 枚組 ( DVD )


『千と千尋の神隠し』考察・解釈 へのコメント

  1. 湯葉男

    「千と千尋の神隠し 考察」でググったらこんなゴミ記事が検索結果の先頭とは思いませんでした

    まず自分の考察と解釈を記事にしましょうね

    返信
    1. oden 投稿作成者

      >湯葉男さん
      コメントありがとうございます!
      いろいろ勉強不足&読解力不足で申し訳ないです;;
      ぜひぜひ湯葉男さんの解釈も聞かせてください^^

      返信

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)