『リアル〜完全なる首長竜の日〜』に期待しようよ

2013年5月8日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

このミステリーがすごい!大賞を受賞した乾緑郎の「完全なる首長竜の日」
がついに映画化!人の意識の中に入り込むという興味ぶか~いテーマ。
これ期待していいやつじゃないの??

リアル~完全なる首長竜の日~

(C)2013「リアル~完全なる首長竜の日~」製作委員会

幼なじみで恋人同士の浩市(佐藤健)と淳美(綾瀬はるか)。
だが1年前、漫画家の淳美は自殺未遂により昏睡状態に陥ってしまう。

浩市は淳美を目覚めさせるため、<センシング>という最新医療によって彼女の意識の中へ入っていく。
「なぜ自殺したのか」という浩市の問いに、意識の中の淳美は
「首長竜の絵を探してきてほしい」と頼むばかりだった。
首長竜の絵を探しながら、何度も彼女の意識の中へ入っていき対話を続ける浩市。
そんな彼の前に、見覚えのない少年の幻覚が現れるようになる…。

<首長竜>と<少年>の謎。その謎の先に、15年前にふたりが封印したある事件があった。
浩市は淳美を救うことが出来るのか―。
そしてふたりが抱える秘密の思い出とは―。
極限状態で愛し合うふたりに、驚愕の真実が待ち受けていた―。

あー好きなやつだよー

わたしこういう意識とか夢に入る話大好き!
だからこそ期待大なんだよー。
驚愕の真実が…
というわりになんかなんとなく察しがつかなくもないけどね!

リアル〜完全なる首長竜の日〜

(C)2013「リアル~完全なる首長竜の日~」製作委員会

主演は『るろうに剣心』で実写版をちゃーんと演じ上げた佐藤健。
すごいよね仮面ライダーに始まり大河もとんびもなんだかんだずーっと活躍してるイメージががあるよ。
まだ24歳。ゲエエエーッ!まだ24歳か…。

監督は黒沢清。
『CURE』『アカルイミライ』『回路』とかそのへんが有名かなー?
アカルイミライの時の浅野忠信はよかったね。ほんと。

この映画と似た映画は…

意識の中に入り込む―
という題材の映画って結構たくさんあるよね。
本作を観る前にこんなの観といたら楽しめるかもよ!

『インセプション』

まっさきに思い出したのがこの映画!
意識っつーか夢の中に入り込み企業秘密を盗む
ドリームスパイの物語(っつーとファンシーだ)
夢の中の夢の中の夢の中の夢の…
と何層にも別れた夢の世界が複雑に絡み合うプロットは面白いよ

『バニラ・スカイ』

何が現実で何が夢なのかさっぱりピーマンな映画。
これ実はスペイン映画『オープン・ユア・アイズ』のリメイクなんだけど
まあどっちもこっちもよかったよね。
ところでバニラ・スカイの音楽はレディヘとかシガーロスとか
あーはいはいそっちねって感じだったよね。

『エターナル・サンシャイン』

恋人と別れて、そんな恋人との楽しかった記憶をすべて消してもらう治療をした主人公が
やっぱり忘れるのが嫌になって意識の中で抵抗する話。
ジム・キャリーが主演ということでドコメディかと思いきや
わりとしっとりした恋愛映画だったよ。

『パプリカ』

今敏監督のアニメーション映画。
夢の中に入り込みパプリカが悪を追うストーリー。
色鮮やかな映像がすんばらすかったよねー

FF6でカイエンの意識に入るとこ

あれ面白くなかった??かなしーけどさー

まとめ

なんとなく観る前から勝手に予想するけど
テイストはぜってー『黄泉がえり』だと思う。
いや勝手なんだけどたぶんそんなかんじ。

原作で兄弟設定だったのを恋人設定に置き換えてるとのことなので
うすっぺらい恋愛映画になってしまったらやだなあ
というのもあるけどね。楽しみだよ。

というわけで『リアル〜完全なる首長竜の日〜』は6月1日公開だよー。

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

著者/訳者:乾 緑郎

出版社:宝島社( 2012-01-13 )

定価:

文庫 ( 313 ページ )

ISBN-10 : 4796687874

ISBN-13 : 9784796687874


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)