映画『パーフェクト・ストレンジャー』ネタバレ 感想

2013年7月6日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

え??ブルース・ウィリスが悪役だって!?
な映画『パーフェクト・ストレンジャー』を
観ましたよ。まああれあれ??
な展開が待ち受けておりましたよ…。

なんでこれみたかってさ

最近IMAGICA BS(イマジカビーエス)が
良質な映画をたくさん放映してくれています。
良質っていうか名前よく聞くし観とくべきだよなあれ。
と思いながら未だに見た事がなくて、ツタヤとかでそれだけ借りよう!
とはならないんだけど、5本で500円!みたいなセールしてて
すげー観たいやつと抱き合わせで借りると
そのすげー観たいやつを優先して観ちゃって気づけば返却日。
結局何回も借りてて延滞料金だって払ってるのに
観てないですごめんなさい。って映画

ピンポイントで放映してくれます。

そういう映画観たらなんか成長した気になれるよね。
乗り越えてやったぞこの壁を!って気分にね。

さてそんな作品のひとつだったのがこの映画
『パーフェクト・ストレンジャー』なのですよ

これまたなんとなく名前だけ聴いた事があったのですが
SFチックなこう、なんつーの、
すげー速い乗り物的ななんかが出てきて
主人公がパイロット的な?映画(頭の悪い人の説明)

かと思ってたのでびっくり。

『ストレンジャー』って響きがそうさせたんでしょうか。
しかしまさかのサスペンスミステリーでございます。

『パーフェクト・ストレンジャー』あらすじ

新聞記者ロウィーナ(ハル・ベリー)は
半年間追い続けた大物議員の特ダネを
権力によりもみ消されたことをきっかけで新聞社を辞める。

そんな彼女の所に幼馴染のグレース(ニッキー・エイコックス)から
有名広告会社の社長で広告業界の大物である
ハリソン・ヒルス(ブルース・ウィリス)と自分が不倫をしていたという
事実を知らされる。

それをスキャンダルとして記事にしてほしいと願うグレース
の頼みをしぶしぶ聞き入れたロウィーナ。
しかしその数日後グレースは変死体となって発見される。

事件の真相を調査するべく、元同僚マイルズ(ジョヴァンニ・リビシ)の
力を借りながらハリソン・ヒルズの元で、ロウィーナは潜入捜査をすることとなる。

はたしてハリソン・ヒルズの悪意にみちた真実を
暴く事が出来るのだろうか…?!

ハリウッドスターぞろぞろキャスト

主演は映画X-MENのストーム役でお馴染みのハル・ベリーです。
その他キャット・ウーマンなど特異なキャラが多いイメージなので
これ見たとき一瞬誰だか認識できませんでした(ひどい)

やっぱ白髪が似合うよね彼女。肌の色と映えます。
それとどうしてもベリーショートが似合う気がしますが、この頃は長いのね。

余談ですが映画X-MENシリーズは
メンバーそれぞれが有名俳優になりすぎて
フルメンバー揃うの話はファイナル・ディシジョンで
一区切りつけたってのは本当なのかな?
お金がかかりすぎちゃうとか?

どーりで過去の話(ファーストクラス)とか
スピンオフ(ゼロとかウルヴァリン)とかばっか公開してるわけだね。
まあファイナル・ディシジョンでいろいろ死んだしね(笑)
…と、この話は広がりすぎちゃうのでこの辺で…。

そんでもって今回の映画の悪役(一応)というか敵役(一応)になんとブルース・ウィリス。これまた豪華だね。どうにも最近は車のCMのイメージしかないもんですから、こういう役は新鮮な気がしました。しかしながらすっごく似合ってて超怖かった。会社でブチギレて社員をぶんなげるとことか怖かった。あと結局警察に捕まっちゃうシーンでブルースのわずかな髪の毛をつかまれててかわいそうだった。

その他、元同僚のマイルズ役はアバターに出てたジョヴァンニ・リビシ。すげー名前だ。地盤沈下で家のリビングにヒビが入った時の擬音みたい。リビシッ!
そして主人公の幼馴染グレースはニッキー・エイコックス。海外ドラマ『スーパーナチュラル』ではお馴染みの女優さんみたい。

ある意味騙されたぜ!

さてこの映画の展開なんですが
素直にすげー騙されました。

潜入捜査をするロウィーナなのに
パソコンが不慣れで電源の消しかたすらわからない。
潜入先のパソコンでいろいろ見てる。
ハリソンのパソコンにUSBメモリで
ウィルスをしかけようとするシーンとか
ハリソンのパソコンにウィルスバスターが入ってて大慌て。
そらそうだ(笑)

ハリソンに色仕掛けで挑み見事成功。
二人っきりになった部屋で携帯置いてトイレへ
というわけで潜入大失敗。
見てて何なのこの子…と思わずにはいられない潜入捜査(笑)っぷりでしたが
なんだかんだで無事ハリソンは逮捕されたのでした…ちゃんちゃん!!

というとこからの…

まさかのどんでん返し。
なんていうか最後20分くらい展開急すぎて、まじかよ!!
って驚くいう暇もなくエンドロール。

展開でいうと推理小説なんかによくある流れっちゃあ流れなんだけど
急すぎて逆にびっくりというより「ああ…そうでしたか…」って感じ(笑)

最後の説明もっと欲しくない?
犯人の弁解というか心情吐露まったく無かった!!よね?
っていう映画でした。

最後の落し方はもっと上手いやり方がありそうな気がしました。
いろんな意味でもっかい最初から観たい映画ですね。
ある意味ね。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)