『ワンピース Z』は声優がすばらしい!

2013年2月14日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

劇場版ワンピース最新作『ONE PIECE FILM Z』
昨年公開されとんでもねーヒットとなった本作。
ヒットの力なったのはやはり声優陣?!

劇場版ワンピース史上最高傑作

と言っても過言ではないでしょう。
いや個人的にトップクラスです。
なぜ本作をそこまで誉めたたえたいのか。
まずは気になるポイントをあげてきます!

①ワンピースっぽくないよね

ワンピースと言えば
ニク!ナカマ!バトル!タカラ!ウタゲ!なイメージ。
たしかにポイントポイントは抑えていたかもしれませんが
それよりも人間の内面を濃厚に描いていたと思います。
単純なバトルアニメというよりドラマ的な。
これはもしかしたら脚本の鈴木おさむさんに
寄る所が多いかもしれません。

また、海賊たちの衣装も普段とうってかわったものになっていたので
だからこそワンピースっぽさが抜けています。
ゾロが黒ぶちメガネをかけていたのには笑いました。

「ションベンみたいな色のサングラスをかけていたのにね!」

とは友達の言。

②ゼットをなめててすみません

ゼットはワンピースの悪役にしては、
さしてキャラがたっていない外見で正直華が無いなとすら思っていました。
外見だけだったらクリークいやいやモーガンレベルです。

しかしゼットという人物はかなり深みのあるものでした。
元海軍本部大将で、現在の大将や海軍の凄腕たちを育て上げた彼がいかにしてグレ、
そしてヨサクとジョニーのジョニーのほうが昔かけてたみたいなサングラスをかけ、
海軍に反旗を翻し、海賊をぶち殺しまくるようになったのか
という過程はもっともっと描かれて良かったと思います。

本作でいわゆるゼットの回想シーンは静止画でお送りしてたんだけど
動画であってもよかったよ。
ゼットの回想シーンなんか漫画でやったら
まるまる一巻べったり横から見たら真っ黒なんだろうな。
若いころのゼットはなかなかイケメンでした。

ま、ゼットって名前の由来は完全に蛇足だと思うんだけどどうですか。
そこまで彼がゼットという名前にこだわる理由がアレだけってのはなー。
もっと驚きのエピソードが欲しかったもんです。

ゼットの声を務めるのは大ベテラン声優の大塚芳忠さん。
洋画の吹き替えといったらこの人!
「フルハウス」のダニーの声の人といったらピンとくるでしょうか?

ゼットの声に彼を当てたのは大正解だったと思います。
過去の傾向からすると敵のボス役に声優じゃない人が
キャスティングされることは往々にしてあるのですが
やっぱりこの複雑な人物であるゼットを演じるためには
ベテランといった人でないとなかなか難しいと思います。

だからこそ本当にこのキャスティングでありがとう!だね!

③青キジかっこいい!

青キジことクザン。今回キーパーソンとして登場します。
青キジといえば海軍で大将にまでのぼりつめた男ですが
同じく大将であった赤犬との闘いに敗れその後行方をくらましていました。
しかし今回突然現れ、タキシード仮面様のようなポジションで
ルフィたちを温かく見守っていました。

そんな青キジもまたゼットの教え子であり、
その絆も並々ならぬものだったようです。

だからこそゼットの最期に手向けたものは素晴らしかっったね。

青キジの声もよかったね!
歌が聞こえて来た時お前かよ!!と思ったけどさ。

④オープニング素晴らしいね

本作のオープニングはこれまたスタイリッシュなアニメーションでした。
あそこだけもっと観たい。

ゲスト声優は篠原涼子&香川照之

毎度毎度ワンピースの映画ではゲスト声優として
俳優さんやタレントさんが声をつとめるのですが今回はこの二人でした。

両方ともゼットの教え子にして彼に尽くす部下で
篠原涼子演じるアインは触っただけで人の年齢を
12歳若返らせることのできる“モドモドの実”の能力者、

香川照之演じるビンズは植物を操ることのできる
“モサモサの実”の能力者でした。

アインは敵側のヒロイン、ビンズは敵側のギャグキャラクターで
とっても活躍するんだろう!どんな演技をするのかな!
とわくわくしてましたがアインはともかくビンズなんて
「ハッ!ヤッ!」「モサモサ!」「ゼット先生!」の
だいたい3語くらいしかしゃべらないというありさまでした。
何がギャグキャラだ!

…篠原涼子ももっと上手そうだと思ったんだけどな…。

その二人以外にカトパンとか佐々木希、西内まりや、田中美保とか
出てたみたいだよ。まあ演技力についてはてん、てん、てんだよ。

逆によくなかったとこ

なんといっても本作はスーパーミラクルウルトラあざといです。
あざといシーンがいっぱいでした。

特にすっげー目に付いたのはチョッパー。
なんか必要以上にかわいいかわいいキャラになっていて
それが目に付きました。媚び媚びじゃん!
もっとかわいくなくていいのよ?媚びなくていいんだよ!
ウォークポイントでいいんだよ?しまっていこう!

というか今回あざとかったのはチョッパーだけじゃありません。
まずナミのおっぱい。必要以上にゆっさゆさしています。
そしてセクシーシーンおおすぎ!はだかじゃん!幼女化もあざとい!はいはい!

それと男性陣。
ルフィ・ゾロ・サンジの私服Ver.とかなんか
ジョシがきゃあきゃあいいそうなイケメン()っぷり。
その3人と言えばまあ比較的ジョシ人気が高いメンツだと思います。
そして極め付けには入浴シーン(!)まで!
尺もすごい長かったし。しばらくただただ裸を眺めていたよ。
会場内のジョシは

「そこまですんなら3人の内だれかはモドモドされろよ!」

と思ったとか?

まとめ

いやあ単純に面白かった。楽しめたね。
本作は本当に歴代ワンピース劇場版の中で1,2を争う面白さだったと思います。
面白さって言うか余韻が残る?個人的に大好きです。オマツリ越えあります。

[個人的な歴代ワンピース劇場版ランキング]

1位 オマツリ男爵と秘密の島
2位 FILM Z ←NEW!!
3位 カラクリ城のメカ巨兵
4位 エピソードオブチョッパー
5位 FILM b WORLD
6位 エピソードオブアラバスタ
7位 珍獣島のチョッパー王国
8位 デッドエンドの冒険
殺位 呪われた聖剣
観てな位 麦わらチェイス、ねじまき島、ザンギャックの

異論は認める。

ONE PIECE FILM Z Blu-ray

販売元:ポニーキャニオン( 2013-06-28 )

定価:¥ 5,184 ( 中古価格 ¥ 1,425 より )

Amazon価格:¥ 1,448

時間:108 分

1 枚組 ( Blu-ray )


関連記事

ディズニーイメージ
ディズニー声優の年は何歳?!
ベルセルク
映画ベルセルクネタバレ感想。蝕きた。
細田守の映画を観ようよ
夏に観たい細田守アニメ

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)