マリーちゃんは「おしゃれキャット」の主人公ではない!!!!

2013年10月18日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する
って知ってた??
私知らなかったよー!!!!
こないだ初めて『おしゃれキャット』を観たので
その驚きをしたためておきますね!!!!

マリーちゃん

こいつ

いつぞやからか女子高生に人気のディズニーキャラクターとして
スティッチと肩を並べるようになったマリーちゃん。
白い子猫にピンクのおリボンといったもうなんつーの?
女子高生に媚媚に媚まくったビジュアルで人気を博しました。
今でこそその人気も落ち着いてるのかもしれませんが
一時期すごくなかった?どいつもこいつもマリーマリーじゃなかった??

だからこそ私はマリーちゃんが主人公だと思っていたのです!

マリーちゃんは主人公じゃなかった

そうなんだよー主人公じゃなかったんだよー
だまされてたよー。

先日初めておしゃれキャットを観てみたのですが
ぜんぜん想像してた話とちがったよ~…
つうわけでおしゃれキャットはこんな話

『おしゃれキャット』あらすじ

フランスのパリ、大金持ちのボンファミーユ婦人のもとに暮らす
美しい猫のダッチェス3匹の子供たちと楽しくすごしていた。

ある時ボンファミーユ婦人は弁護士を呼び自分の莫大な財産を
猫たちに遺すと遺言状をしたためる。
それを盗み聞きした執事のエドガーは
猫たちを睡眠薬で眠らせパリの郊外に置き去りにする。

目を覚まし困惑したダッチェスであったが
偶然通りかかった野良猫のオマリーに助けられ
オマリーとともにパリを目指すこととなる…

はい、というわけで主人公はダッチェスよ!!!
ちなみにマリーちゃんはなんなの?っていったら
そうダッチェスの3匹の子供のうち一人だよ。
1/3の存在だよ。純情な感情だよ!!!(?)

もはやセオリー?

この映画はまあひらたくいうと
マリーちゃんが猫でありながら面白おかしく
おしゃれを楽しむのだ!という話ではなく
お金持ちの奥さまと根無し草の風来坊が恋に落ちるという
ハーレクイン的なストーリーなのです!

あれ、ディズニーって他にもこんなんあったよね!!!
と記憶をよみがえらせてみると
『わんわん物語』もそうじゃない?

『わんわん物語』こそあの有名なベラ・ノッテのシーン
犬2匹がスパゲッティたべてキスするあの場面しか知らない人も
多いかもしれませんが…
あれも本作と同じく。

いいところの飼い犬であるコッカー・スパニエルのレディが
野良犬のトランプに出会い初めて外の世界にふれる…
といったお話。ストーリー展開こそ違いますが設定が似てるよね。

それから『ロビンフッド』。
これも義賊のロビンフッドとお姫様が恋におちています。
余談ですがロビンフッドでロビンフッドの吹き替え(初期?)をした大宮さんは
本作でオマリーさんの声を吹き替えています。
どーりでキャラがかぶってるわけだ!

こうしてあげてくと『アラジン』なんかもそうかもしれない。
ディズニーは身分や立場の違う人間同士の恋が好きだよね!!

そもそもおしゃれでもない

本作『おしゃれキャット』の原題は『The Aristocats』。
貴族とか貴族的なといった意味の“aristocrat”のモジリです。
つーことはだよ、直訳すると『貴族の猫』ってことよ。
なんか味気ないね!!!!

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

マリーちゃんは「おしゃれキャット」の主人公ではない!!!! へのコメント

  1. 通りすがり

    てか、おしゃれキャット見てなくてマリーだけ先行組は大体こうなる。てか、リアルに見た組からするとなんであんなにマリーだけが人気になったのか理解に苦しむ。

    どう見ても、気品溢れるダッチェスに目が行くだろwww

    ホント日本人の流行り廃りのバカのひとつ覚えだなってのがマリー人気

    返信

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)