まどマギの続編は映画なの?

2013年3月11日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

ピンクの服着た魔法少女が活躍するアニメ
「魔法少女まどかマギカ」の続編は
映画で公開されるんですってね。
限定前売り券の発売も決定しました。

魔法少女まどかマギカとは

本作の解説や詳細についてはわんさと記事があるので簡単に説明していくよ。
2011年1月より公開され、2013年のいまだ根強い人気を誇るアニメ
「魔法少女まどかマギカ」。

平凡な女子中学生の鹿目まどかが転校生で魔法少女暁美ほむらと出会い
魔法少女と魔女との闘いに巻き込まれる物語。
女子中学生だったまどかが言葉をしゃべる兎のような動物キュゥべえに
願い事を一つかなえる代わりに魔法少女になるよう勧誘されるが、
魔法少女になることは魔女との闘いに巻き込まれ命をさずけるに等しい行為だった。
心が揺れ動くまどかだったが魔法少女になることをたびたびほむらに妨害される。
ほむら以外の魔法少女との出会いの中で親友のさやかが魔法少女になってしまう…。

きゃぴるん萌えアニメ

じゃないんです本作は!
普段から次クールのアニメをチェックせねば!とか
アニメのためにデッキあけとかなきゃ!
とかいうほどアニメを観ているわけでもないので(ジョジョは観てるよ!しじま~の~)
いまいち本作がどんな話なのかも知らなかったし、
ましてや“魔法少女”という響きからどうせ萌えアニメなんでしょ!とバカにしていました。

というかそういう印象を始めに持ってた人は私だけじゃないはずです。
でもまあ毎週毎週ツイッターやらなんだかんだが本作の話題でとても盛り上がっていたので
少なからず興味はあったのですが観ようと言う気まではおこりませんでした。
だってアニメって毎週観なきゃいけないじゃん!とか思ってました。
これは今も思ってるけど。

ですが友達の強い強い強い強い強苦しい勧めでDVDを借りるにまでいたり
もう観だしたらとまらず「次くれ!次くれ!!」と
ジャンキーのようにDVDを借りて最後まで観たと言うわけです
その時に自分がどんなに気持ち悪い表情をしていたか想像に易いですね

普通の魔法少女モノよろしく(っていっても普通の魔法少女モノの定義がわかんないけど)
次々に現れる悪の手先を倒し、人々の平和を守るのだ!という大筋は一緒なんだけど
魔法少女とそれを取り巻く人々の人間ドラマが中心に描かれています。
基本的に物語はずーっとシリアスで暗い暗い。だからこそ面白いのかな??
最終話では顔をびしょびしょにしながら観賞するくらい物語に入り込んでしまいました。
その時に自分がどんなに気持ち悪い表情をしていたか想像に易いですね。(リピート)

まどマギ新作は映画ですって?

そんなまどかマギカシリーズですが昨年末に前後篇にわたって映画化されました。
本編の総集編?みたいな感じだったかと思います。
私の最寄りの映画館では大みそかに『年忘れ!前後篇一挙上映!』みたいなのを夜にやってたので
こいつはいかなきゃなあ!と勇み足で劇場に向かったものの

「ニワカは入ってくるんじゃねえ!!!!」

といった禍々しいオーラに押され、結局『ホビット』を観て帰るというチキンぶりを発揮しました。

そんなまどマギの新作がまたまた映画館で登場!
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」ということですが
完全に新しいストーリーなのかな???
とかなんとかいってたらアニメコンテンツエキスポ?で前売り発売だって
はやいよ~

まどマギ特別前売り券

ACE2013会場限定「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」劇場特別鑑賞券
価格:3,500円(税込)
アニメコンテンツエキスポ2013アニプレックスブースで会場限定発売
※数量限定の為、無くなり次第販売終了
(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion

関連記事

buck-tick
BUCK-TICK 映画の公開日が決定しただよ。
細田守の映画を観ようよ
夏に観たい細田守アニメ
欲望のバージニア
欲望のバージニアのガイ・ピアースの様子が…。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)