劇団四季の舞台『ライオンキング』を観た感想

2013年6月27日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

思い立って劇団四季の『ライオンキング』
を観てきました。
ディズニーアニメを子守唄に育った(たぶん)
私としてはぜひとも一度は観ときたかった作品です。
というわけで大興奮のレポートをどうぞ!

ライオンキングというともうすっかり皆様ご存じでしょうが、
プライドランドの王、ムファサ(イケメンのライオン)の
息子シンバ(イケメンになるライオン)を主人公とした物語。

プライドランドの王子とし
シンバが生まれるところから物語は始まります。
有名でしょ。
ヒヒ猿が子ライオンを崖で天に掲げるシーン!

シンバがサバンナで冒険したり、ムファサの実弟スカー(エロいライオン
の謀略によってムファサが命を落とし王座を奪れたり、
シンバはプライドランドから追放されたり、

その先で愉快なイボイノシシとミーアキャットに出会って
ニートになったり
偶然幼馴染の雌ライオン・ナラ(びじんのライオン)と再会したり、
なんだかんだでプライドランドに戻ったり、
スカーを倒したり、やがて王になったりするお話です。

いまさら!ライオンキング登場人物(動物)紹介

というわけでざっくりご紹介

シンバ

主人公。やんちゃな子ライオンからイケメンのニートに成長。
なやまずーに!の声がわりにはびっくりネガティブな一面も。

ムファサ

プライドランドの王。かなりのイケメン
スカーに殺される。

スカー

この物語のヴィラン。
ムファサの弟でかなりのひねくれもの。妙な色気がある。

ナラ

シンバの幼馴染。後に妻に。シンバより強い。

ザズー

ムファサの執事の鳥。シンバの子守。
シンバにはかなり手を焼いてる。ツッコミ担当。

ラフィキ

呪術師のヒヒ。一発キメているふしがある。
私は正気だ。マジか。

ティモン

ミーアキャット。ブンパアの相棒。
シンバを助けた。グレーゾーン。

プンバァ

イボイノシシ。ティモンの相棒。陽気。
でも体臭を気にしている。

シェンジ

スカーの手下?ハイエナ①。
リーダー的おばちゃんハイエナ。

バンザイ

スカーの手下?ハイエナ②。
おじちゃんハイエナ。完全にヤカラ

エド

スカーの手下?ハイエナ③。
一発キメているふしがある。

と言う豪華動物陣がお送りする大河劇!

そんな大ストーリーを、大劇団である
劇団四季が大ミュージカルにした!ということなのです。

正直、だいぶ昔のめちゃイケでナイナイ岡村さんが
ライオンキングの舞台で登場!!
という企画でこのミュージカル自体は知りました。
むしろそっちのイメージが強かったくらいです。

素敵な衣装!

動物たちの衣装をまとった役者さんたち。
うまいぐあいに人間化?
しててほんとに動物たちにみえてきます。

ライオンキング

おれが おうだ!

特にシンバのパパ、ムファサがこんな感じなんですが。
顔の方じゃなくって
上のライオンの面の方が本体に見えてきます。
ライオンの顔の方から
声が聞こえてくるような気がしてきます。

しかし、物語の途中でキャストオフ!
このライオンの兜?を脱ぐシーンが有り
急に首が取れたかと思ってドキッとしました。

ライオンだけでなくキリンとかも竹馬状態で
すげーとなりました。
あれ乗りこなすのに相当時間かかりそうだね。
あとぞうさん!すごーい何人がかり?!

歌も最高だ!!

ライオンキングのすごいとこは
衣裳だけでなくやっぱ歌よ歌!

ディズニーアニメの劇中歌を
わかりやすくアレンジしてるのですがもそれが…
子供のころからテレビで聞いた曲が生歌生演奏です。
もう最初のサークル・オブ・ライフ
アーエンラ~エンデバダ~みたいな出だしの歌
で涙が爆発!!

その後も 知ってる曲のオンパレードで
目ん玉乾く暇ありません!
もうびっちゃびちゃです。

そしてその音楽を高める舞台演出。
アニメのシーンが頭に浮かぶ舞台効果!
あれもこれも舞台でやっちゃえるんだ!!
っていう感動ね。もう魔法みたいでした。
ダンスもすんごいの。

特にスカーのテーマである
“Be prepared(準備をしておけ)”の途中で入る
ハイエナダンスが!めえええええっちゃかっこいの。
スッタンタンズッダンって感じだった。
やーかっこよかったなー。

“Be prepared”は実家で歌いまくってたら
あまりのしつこさに母親がブチギレた思い出があります。

大興奮のまままとめに

これ子供のころに観ときたかったなー!!!ほんとに。
コメディシーンなんか
客席にいる子供がゲラッゲラ笑ってました。

劇団四季では同じくディズニー『美女と野獣』も
やってるらしいのでこれみたーい!!
生でガストンの曲なんか聞いたら失神しちゃうかも…。
卵60個食べちゃうかも…。

その他のディズニー作品も
ぜひミュージカル化してほしいよね!
全体のカラーは地味かもしんないけど
『ノートルダムの鐘』とか!合いそう!

子供向けならアリスかな。アラジンも!!!
ワイヤーで絨毯を吊る形で…あっほーにゅーわー!
眠れる森の美女は歌あんまりないな~!!

今後も楽しみです。
美女と野獣ぜったいみるー。
すげえテンションでお届けしましたが
ぜひ!観たことない人は観てほしいです。

ディズニー ライオンキング ミュージカル <劇団四季> / 劇団四季 / CD ( Music )

WALT DISNEY RECORDS( 2011-09-28 )

定価:¥ 3,240 ( 中古価格 ¥ 2,329 より )


劇団四季の舞台『ライオンキング』を観た感想 へのコメント

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)