映画『レ・ミゼラブル』ネタバレ レビュー

2013年2月7日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

あの超有名な作品『ああ無情』のミュージカル映画
『レ・ミゼラブル』を観て来たよ!とくにあの歌がすごかった!
あの歌だよ、あの歌!!

レ・ミゼラブル(アン・ハサウェイ)

『レ・ミゼラブル』
監督:トム・フーパー 主演:ヒュー・ジャックマン
ああ無情がついにミュージカル映画に!
日本でもおなじみのヒュー・ジャックマンやラッセル・クロウ
アン・ハサウェイらが出演し本編殆ど歌という圧巻の作品。

レ・ミゼラブル何も知らなかった!

私自身“レ・ミゼラブル”については小学生の頃に絵本を読んだきりで
ジャン・バルジャンが食器盗むとこくらいしか記憶になかったものですから
この有名すぎるお話を初めて体験するような気分でした。
え?こんな話なの?とか思う所もしばしばで。

件の食器盗んでどーのこーののくだりが開始20分以内に終わったのにびびりました。

まさかこんなに歌ばっかとは!

本作はミュージカル映画!ですので
むろん、歌ばっかりです。

っていうか他のミュージカル以上に歌が多く感じました。
普通のセリフって殆どないよね。細かいつぶやきから会話まで全て歌!
目を離せばすぐに歌いだします。

まあミュージカルだから当たり前なんだけど。
傷ついたマリウスが眠っている横で大声で歌いだしたジャンバルジャンに

「ボリュームさげて!」

とか突っ込むのはヤボですよね!

ミュージカルにアレルギーが有る人はキツイでしょうね。
(そんな人観に来ないと思うけど)

全部一緒じゃん!ヘレナ・ボナム=カーター

ファイトクラブ、スウィーニー・トッド、ハリー・ポッター、ダーク・シャドウ
…とまあ様々な作品に出演しているヘレナですが、全部だいたい一緒です。

ヘレナ・ボナム=カーターのイメージ

こんなイメージだ


ボッサボサの髪型でヘンテコな服を着ている変人(もしくは悪人)の役ばかり。

本作でいったいどんな役をするのかと思ったら期待どおりでした
(一瞬娼婦の役かと思ったけど…)
ヘレナが演じるのはコゼットが幼少期を過ごした宿屋奥さんテナルディエ夫人。
幼いコゼットをコキ使いひどい仕打ちをするごうつくババアです。

サシャもね!

そしてテナルディエを演じるのはご存じサシャ・バロン=コーエン。
『ボラット』や『ディクテーター』などの超問題作を
次々に世に送り出したキ●●イコメディアンです。

ということなので、このテナルディエ夫妻は本作のギャグ要員です。
くそまじめな作品でくそまじめな役でもするのかと思ったら
二人とも通常運転でした。

ていうかヘレナが出た瞬間サシャがどんな役で出てくるか察しがついた方は多いはず。
そーいやー二人はティム・バートン監督『スウィーニー・トッド』でも共演していますね。
(同じシーンに出たかどうかは謎)
あれもミュージカル映画だったね!

むごいよ!ジャベルさん

ジャン・バルジャンの敵役となるジャベール警部。
ブルドックみてーな顔だなーと思ったら原作でブルドック顔設定なのね!
正義とは何か、悪とは何かと葛藤した末に
自分で楽になる道を選んでしまうと言う、まさにああ無情!な人物です。
ポジションとしては敵役でしたが彼何もワルクナイヨネ。

そんな彼の役を演じるのはラッセル・クロウ。
役作りなのか素なのかお腹がいい感じにモッタリしていたよ。

ジャベール!

お腹出テール!


私ラッセルについて何も知らなかったので
『いつもお馬に乗ってるローマおじさんに歌ができるのか?!』
とか考えていたのですが彼バンド畑の人だったんだね!
知らなかったー!!!

キャストの中で一番いい声してたと思います。しみじみ!

すばらしいナンバー

ほんとに初めてレ・ミゼラブル関連のお歌を聞いたのですが
すっげー感動してすっげー鳥肌たったよ!鳥肌実よ!

『Overture / Work Song(囚人の歌)』

囚人の歌

つなひきだーっ!


初っ端の囚人の歌。
悲壮感と力強い男たちの叫びがいっしょくたになった歌です。
映画始まってこれが流れた瞬間ひきこまれます!
つかみはOK!ってやつです。

今気付いたんだけどジャン・バルジャンはこのシーンで
最初に綱引きして次は旗揚げさせられて…って一人運動会じゃん!

『Lovely Ladies(波止場)』

波止場のババア

歯うってくでー!


波止場の娼婦たちの歌。
不思議なメロディ!正に淫靡でさびしげ!いびしげ!
ファンテーヌが不幸な目に合うシーンの歌なのでそんないい思い出ないですが
メロディーが素敵でした!

『Do You Hear The People Sing?(民衆の歌)』

民衆の歌

赤上げて!赤下げないで!赤上げて!


これ、これよ。力強すぎるじゃろ!
最後の最後に登場人物わーって出てきて旗ぶんまわしながらこれよ。
そりゃスタンディングオベーションするじゃろ。指笛ふくじゃろお!!

それとは別に中盤くらいでそれぞれの登場人物のシーンと歌が混ざり合って

うおおおーっ!
第一幕完!ドンッ!

となるシーンがあるのですがこれもまたスタンディングオベーションレベルでした。
っていうか全部よかったから立ち見でいいくらいですよ!
オールスタンディングオベーション席ってやつ。

まとめ

初めてのレ・ミゼラブルに興奮しっぱなしでした。
というのも元々ミュージカル映画は何観ても感動するくらい
単純なわたくしなのでこの評価があってるかは知らないよ!

アン・ハサウェイがアン・ハサウェイに観えない映画だったね。
あ、あとABCの仲間たちにジェームズ・マカヴォイにそっくりな人いなかった?

レ・ミゼラブル (デジタル・コピー付) [Blu-ray]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル( 2013-06-21 )

定価:¥ 3,909 ( 中古価格 ¥ 392 より )

Amazon価格:¥ 1,850

時間:158 分

2 枚組 ( Blu-ray )


レ・ミゼラブルのレビューまとめ

いやー歌っていいですね!ぼかあ感動しちゃったよ!

ヒュー・ジャックマンなどハリウッドでお馴染みのスターが一堂に会したミュージカル映画。みんなよかったよ。 意外な人物の歌が上手かったりして感動と驚き! ただレ・ミゼラブルを観たことのない私でもストーリーが走り走りなのはわかったよ! じっくり描こうと思ったら3部作とかになりそうな勢いですね。

評価: 4.3/5

Momoka Higashigawa

関連記事

アイキャッチ画像無し
ミッドナイト・イン・パリの元ネタは何?
スノーホワイト
映画『スノーホワイト』ネタバレ 感想

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)