映画『レポゼッション・メン』ネタバレ 感想

2013年3月1日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

ジュード・ロウ主演『レポゼッション・メン』
ラストまでガッツリネタバレしてますのでよろしくどうぞ!!
あのヤンデレオチにはびっくりだよ

ユニオン社の人口臓器が一般化した架空の未来の話。
高性能な人口臓器はとってもお高い!ので
人口臓器をいれた人は働き続けて代金を返さなければならんのです。
で、きめられた期日までにお金が払えなかったら…

その臓器はレポゼッション・メンに回収されてしまうのであります…!

延滞者の元に颯爽と現れ、肉を割き、臓器を回収していくその様は
まるで殺し屋のようです。臓器を回収されてしまった人達はどうなるか…
それはもうご想像の通りです!!

主人公はレポゼッション・メンのジュード!

『リプリー』や『ガタカ』でそのイケメンオーラを余すところなく発揮し
映画界に降臨したジュード・ロウ。
現在も『シャーロック・ホームズ』シリーズでワトソン博士役を演じたり
『ヒューゴの不思議な発明』みたいな大作に出演するなど
輝かしい(色んな意味で)功績を築いております。

彼が演じるのは主人公のレミー。
奥さんと子供をかかえるパパです。
相棒のジェイクと共にレポメンのお仕事をがんばっていますが
野蛮なお仕事を嫌う奥さんからは早く別の部署に異動するように催促されています。

ある日レミーは仕事中に重傷を負い、目を覚ますと体には人口心臓が!!
代金を返済するために今まで以上に頑張らなきゃいけないレミー。
でも自分が債務者になった今
同じ境遇の人を殺すなんてできなくなってしまいました…!

仕事はできないわ奥さんは子供連れてでていくわで切羽つまったレミーは
ユニオン社に乗り込んでデータを消せばいいじゃん!と思いつくのでした…

予想外のグロさやで…

レミーが鮮やかな手つきで人を殺しーの、臓器をとりだしーのしますが
そのシーンがグロいの!!予想してなかったからことさらグロイ。
詳しい描写はひかえますが、なんつーのぬちゃぬちゃしてる
わたし医者モノの手術シーンとかも観られないくらいグロ耐性がないので
思わずめをつむりました。

ふおおい浮気するんかい!!!!!

レニーはレポメンから逃げまくっている時にある女性に出会います。
歌手をしている彼女、ベスもまた体中人口臓器で代金を滞納しまくってるあり様。
二人は共に逃げる道を選びます。

そしてあっちゅーまに恋に落ちます。

最初の方で家族大好き!パパです僕!
みたいな演出さんざんしておきながら
あっさり他の女性とイチャコラホイってどーゆーことなのよ!

ラストの方でユニオン社に乗り込んだレミーとベスが
おたがいの臓器をまさぐりながらデータを消すシーンは
官能的でしたが、ぐろくてぞわぞわってしました。
(人口臓器のデータを消すには臓器についている
バーコードみたいなのをスキャンしなきゃならない。アナログだよね。)
なんだっけ、あれ思い出しました。
『コンスタンティン』でルシファーがコンスタンティンの体に手つっこむとこ。

まさかのヤンデレオチ

この映画の恐ろしいところは、まさにそのオチにあります。
代金の滞納者となったレミーはかつての相棒ジェイクにも襲われるようになります。
本気でジェイクに殺されそうになったレミーも彼に対抗しなんとか逃げだします。
その後ベスと共に前述の通り人口臓器のデータを消し
ジェイクとも仲直りしてユニオン社を爆発してから
三人仲良く南の島でご~ろごろすごしたのでした…

と、思いきや。実はそれだけでは終わらないのです。

レミーの幸せな結末は実は薬がみせていた幻覚でした。
ジェイクに襲われ頭を打ったレミーは植物人間状態になってしまいました。
当然臓器だけ回収されるかと思いきや
なんとその代金はジェイクが払うとか言いだします。

実はレミーが事故で人工心臓をいれることになったのも
すべてジェイクの仕組んだこと。

ジェイクは物言わぬレミーに微笑みます。

「お前がレポメンの仕事をやめるとか言い出したからこうなったんだ。
俺はずっとお前と相棒でいたかったのに…だから仕事続けなきゃいけないように
事故を起こさせて人工心臓を手配したんだ。
でも逃げたりするからこうなったんだ…これからはず~っと一緒だよ♪」

(゜-゜)

ジェイクの役はフォレスト・ウィテカーが演じており
それはそれでこわいという感じです。
なんといってもジェイクの友人が、裸に革のベストきてる人とか
スキンヘッドに口ひげタトゥのガチムチの人
ばっかだったしさ。
妙に納得しちゃったよ。

今思い返せばたしかに途中から無理のある展開ばっかだったよね。
レミーはあんなに滞納者を殺すことができなかったのに
ユニオン社の社員は無双並に殺しまくるし
データを消すためにレミーもベスも体かっさばいたのにわりとなんとかなってるし
ジェイクの手助けも不自然だし。ね。

消費者金融におきかえるとわかりやすい

人口臓器だのレポメンだのというと本当にSFですが
これを単なる借金に置き換えるとわかりやすいです。

ユニオン金融の回収人であるレミーが、滞納者のとこにいって
文字通り体で払ってもらってたけど、
ひょんなことから事故に遭い自分も多額の借金をこさえる。

という話だとウシジマくんにありそうじゃないっすか?

まとめ

ジュードの十円ハゲ気になったよねー。
途中で髪がふさふさなシーンがあるけど
あまりにイケメンでひええ~御助けをってなったね。

妻と息子が一番かわいそうだよね…
音楽はよかった。unkleやprodigyってあげあげだね。
それとフォレスト・ウィテカーって鶴瓶ににてるよね。

レポゼッション・メンのレビューまとめ

しかたないけど支離滅裂

設定とか世界観はとってもよかったと思う。 特にユニオン社の工場?みたいなところが真っ白で現実味が無くてすばらしかった。 ジュード・ロウにはまり感情移入できず。 SFなのか、恋愛なのか、アクションなのかいろいろいりまじったごった煮映画でした。 まさかのオチにはびっくりしました。 男の人のヤンデレってきもちわるいですね!

評価: 3.2/5

Momoka Higashigawa

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)