『ジョゼと虎と魚たち』ネタバレ レビュー

2013年2月10日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

邦画の名作『ジョゼと虎と魚たち』を観ました。
恥ずかしながら初見でございます…。
妻夫木聡の代表作である本作は
とある大学生の青春を生々しく描いたストーリー。
で、どんなかんじだったかというと…

『ジョゼと虎と魚たち』

2003年12月13日公開
妻夫木聡と池脇千鶴、江口のりこのベッドシーンが話題となった。妻夫木聡の代表作の一つ。

ヤリチンリア充大学生の恒夫くん

主人公の恒夫くんは大学生で、大学に通う傍ら雀荘?でバイトをしています。
その生活はいかにも大学生らしい充実ぶりで、
美人で福祉の道を目指すかわいい上野樹里が彼女で、
江口のりこはセフレだし、ライセンスは後輩だし、飲み会もするし…。
絵に描いたような楽しい大学生活です。
あーあ!うらやまし!!!いーなー!!あそびてーー!!!!
彼に関する私の感想はこれにつきます。いーーなあーーーー!!!

池脇千鶴のおっぱお

私、しばらく永作博美と池脇千鶴って同一人物だと思ってました…!!!
しかも最近までです!
永作博美出演の『八日目の蝉』なんか
井上真央とそんなに年齢かわらないだろうに
親子のような役柄か~とか思っていたし。
なぜ永作はいまだに少女みたいな役で出てくるんだろう?
まあ違和感ないけど!
とか思っていたのです。

なぜその衝撃の事実に気づいたかと言うとドラマ「時効警察」を観ていた時です。
時効警察は一話完結型のストーリー展開をしていく作品です
(古畑とかみたいな感じ)
そのドラマの第二話に池脇千鶴が登場するのですが間をおかず
第四話でまた池脇千鶴が登場します。
しかも違う役です。なぜだ!なぜそんなにちづるを…??

と思ったら四話に出てる方は永作博美でした。
そこで気付いたのです。ああ。全然違う人やん!!!!と。
よくみたら二人は10歳以上も年が離れています。
でも二人とも童顔じゃないか。
だからまちがえたのだ。そうさ。童顔のせいさ!

もう池脇千鶴(young)、永作博美(old)でいいか。

というわけで本作に登場する―ジョゼ―はヤングの方が演じています。
さて、そのジョゼというキャラクターは足の動かない障害を抱える女性で、
外出することもままならず
祖母の推す乳母車でしか外の世界に出られないという状態です。
しかし「私って足がこうだから…」だとか悲観せず
「ダメあるけない、こわいわ!」とか言わないので
ハイジだって「ジョゼのばか!いくじなし!」
とは言えず口の中でもごもごするはずです。

そしてそんな池脇千鶴が裸を披露しているのもこの映画のポイントです。
よくがっかりおっぱいがっかりおっぱいとさわがれていますが。うむ。
しかし顔にマッチしている気がするよ?マッチオッパイ

上野樹里…

なんっだかわかんないけどムカつく役が多いよねなんでだろう。
本作もそうなんだけど。
亀は意外と速く泳ぐとか意外とよかった?かなあ?あやふや
しかしジョゼとビンタしあうシーンで
ジョゼに顔を差し出していたところが衝撃を受けた。
対等な喧嘩というか…あのシーンでは
上野樹里が池脇千鶴の車椅子ドーンっておして坂道ゴロゴロガッシャーンってなる
展開を恐れてたんだけど違ったね。ほっとしたよ。

まとめ

私が大学生に対して嫉妬心しかないせいかなんだこいつ!
たのしそうな人生だなおい!
と思ったのが最初の感想だけどじっくり思い出してみると
とてもリアルで残酷な映画だったと思います。
ジョゼと恒夫はいつまでも幸せに暮らしましたとさ

…と終わるわけではなく恒夫はジョゼから離れて行きます。
このいくじなし!と思っちゃいますがやっぱりそれが
リアルなんだと思います。

っていうかジョゼと別れてちゃっかり上野樹里とヨリ戻してるし!
この恒夫に感情移入できるか否かは男性と女性で違ってくるかもね。

しかしその結果ジョゼは自立する道に突き進んでいきます。
乳母車がなくっても自分で自動車椅子にのって生活をするようになります。
まあその辺が救いと言うか、ある意味ハッピーエンドなのかもしれません。

印象としてはくるりとラブホテルのおさかなのシーンがとくによかったです。
あと江口のりこの全裸ね。さねいえさん!!

ジョゼと虎と魚たち Blu-ray スペシャル・エディション

販売元:TCエンタテインメント( 2012-09-05 )

定価:¥ 4,104 ( 中古価格 ¥ 2,200 より )

Amazon価格:¥ 1,854

時間:116 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ジョゼと虎と魚たちのレビューまとめ

妻夫木聡の代表作で、かなりの名作ですがイマイチはまりませんでした。ラブホテルのシーンは最高。

妻夫木聡の代表作で、かなりの名作ですがイマイチはまりませんでした。池脇千鶴の体を張った演技と上野樹里のむかつく演技、ラブホテルのシーンは最高。

評価: 3.0/5

Momoka Higashigawa

『ジョゼと虎と魚たち』ネタバレ レビュー へのコメント

  1. ihuru

    はじめまして。
    レビュー、面白くて、病院の待合室でプププとなってしまいました。
    何故、youngとold!?確かに2人とも童顔ですが…
    男目線、女目線、確かに見方はガラリと変わるかもですねー。恒夫がかわいあなぁとは思えど、羨ましくはならなかったし。笑
    また遊びにきます!

    返信
  2. oden 投稿作成者

    コメントありがとうございます!!
    いま自分の記事読み返したらてきとうなことばかりかいてて唖然としました笑
    恒夫がジョゼから離れたのはなんだかリアルというか…映画なのに「映画のようにうまくはいかないよなあ」と思ってしまいましたihuruさんの記事も拝見しました!
    またこちらこそのぞかせてください^^

    返信
  3. ニコル

    ジョゼ虎は
    ハッピーエンドなのよ~
    どして誰も気がつかないのかな?
    ファーストショットの
    想い出写真の恒夫のセリフ
    すげー懐かしいー!とか
    サガンの小説を  
    ジョゼが読んでいたってことはないかっ…って
    過去形を否定してるでしょ。
    今一緒にいなきゃでないセリフっしょ。
    ちゃんと映画見ましょうね。

    返信
    1. oden 投稿作成者

      コメントありがとうございます!
      なるほど!!!ニコルさんのコメントを踏まえたうえで
      また改めてみてみようと思います!!!

      返信

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)