ジョン・レグイザモってマーク・ラファロに似てない?

2013年3月15日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

ジョン・レグイザモという俳優さんを知ってるかい??
結構最近までマーク・ラファロと区別がついて無かったよ!
ごめんねレグイザモ!
とうわけでレグイザモの知られざる魅力にせまっていくよ。

その男、ジョン・レグイザモ。

ジョン・レグイザモ。
もう名前もかわってるし本人もかわってる!!という俳優さんです。
代表作は『3人のエンジェル』や『ハプニング』です。

え?レイグザモ?レグイザモ?って良くなります。
なんとコロンビア出身!というレグイザモ。
そら耳慣れない名前なワケです。
だって聞いたことあるかい?こんな字並び!!
レグイザモ?なんだか南米の芋料理って感じですよね!!

コロンビア出身の有名人って誰がいるのかな~って調べてみたところ
歌手のシャキーラや女優で「モダン・ファミリー」に出演中のソフィア・ヴェルガラなどなど
その他、カタリーナ・サンディノ・モレノやモレーノ・ピーノ・ケニー
などもうなんか妙に長くて聞き覚えの無い名前の方ばかりなのです。

ジョン・レグイザモとマーク・ラファロって似てない?!

私が今回訴えたかったのはこれです。

ジョン・レグイザモとマーク・ラファロって似てね?!

ジョンとマーク!

ほらほら!にてるよ!

です。
わたしがはじめにレグイザモという人物を認識したのは『ハプニング』です。
『シックスセンス』以来人々の期待をことごとく打ち破りもはや一周して期待されている
シャマラン監督のまじでクソとしか言いようの無い映画です。コレを見終わったときは
もはやレンタル代すら返して欲しいくらい唖然としました。

さて、そんな素敵な映画『ハプニング』にレグイザモが出ていたわけなんですが
真っ先に「あ、ゾディアックに出てた人だ!」と思いました。
ちなみにそのゾディアックに出ていたのはもちろんマーク・ラファロでしたが
その後『ブラインドネス(これも残念な映画でした)』や『シャッターアイランド』
を観るたびこの人は『ハプニング』の人だよなあ!と思い込んでいました。

正直わたしのそっくりネタにはほとほとあきれ果てているかと思いますが
ほんとに似てないぜったい似てると思うでしょみんな!!
とおもったのでGoogleで検索してみました。

ジョン・レグイザモ マーク・ラファロ そっくり

え!たったこんだけ?

マーク・ラファロ ジョン・レグイザモ そっくり

じゃあ入れ替えたら・・・!

ええいこれでどうだ!

ええいこれでどうだ!

ぜんっぜんだめじゃないの!!!!
ぜんっぜん似てないじゃないの!!

この作品のあれがジョン・レグイザモだった!!

なにげに芸暦?が長いジョン・レグイザモ。あの映画もこの映画も実は
ジョン・レグイザモが演じていたのです!!
そうなかでもおどろいたのが…『スーパーマリオ』のルイージ役なんです!

みなさんあの配管工の真っ赤なオッサンが映画化してたの覚えてる?
マリオの人気がハリウッドにまでとどろき誤った方向に解釈され
リ・ブートされた映画版『スーパーマリオ』
マリオはガチでメタボ全開のオッサンだし、クッパはまるでエイリアン。
きのこは腐り落ち、ヨッシーはただのダイナソーと化す地獄絵図は
マリオを自分でジャンプさせまくっていたお茶の間のちみっ子たちを震撼させました。
もちろんそんな映画にはキノピオやノコノコの姿なんてありません!

そんなハリウッド版マリオでルイージを演じていた人物こそ
ジョン・レグイザモその人だったのです!!
「マリオが、ハリウッドを本気にさせちゃった。」
というキャッチコピーが身にしみてわかりますね!!

関連記事

buck-tick
BUCK-TICK 映画の公開日が決定しただよ。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)