Huluの6つのメリットと5つのデメリット

2013年6月19日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

みなさんインターネットしてたらやたら観ません?
あのHuluの黄緑色したバナーを!
アグリ・ベティ的なやつを!!
で、結局あれって入った方が得なの?どうなの?
って話。

※2013年6月時点の記事です。
料金設定や情報に変更があるかもしれませんのでご注意を!

※2015年1月ちょこっと追記
 匿名さん情報ありがとうございます!!(^~^)

毎月たった980円(現在月額933円(税抜))で映画やドラマが見放題。
いやほんとすごいんだけど…。
というわけで実際使ってみて感じた
メリットとデメリットをご紹介

メリット

とりあえずいいなと思ったのはこんな点だね

何度でも何作品でも!

Huluの作品は1作品にいくらという
料金形態でなく月額料金で見られます。

しかも933円(税抜)。
その上1作品一回きりではなく
同じ作品をいつでも何度でも見られるのがいいところ。

お気に入りの作品はリピートし放題です。
たくさんの作品が入ったHDデッキを借りている
思えばいいかも。

しかも映画を途中までみたら途中から再生もできるのです。
本当にHDデッキみたいだね。

いろんなハードで

PS3始め、iphone、ipad、パソコンなどさまざまなハードで見れちゃうんです!
うちではPS3がメインハードとして活躍中。っていうかPS3というより殆どBlu-ray再生マシーンと化してますが、インターネットに接続できるwiiとかデッキでも観られるそうですよ。
ipadなどでお外で楽しめるのはいいね。時間つぶしに最高!

マイリスト管理ができる。

タイトルの中で観たいのや気になるものがたくさんあります。
そんな作品はマイリストに登録!登録だけしといてあとで見ることもできます。

映画、ドラマからテレビ番組まで

『インセプション』などの映画はもちろん
「フルハウス」などのドラマから
ディスカバリーチャンネルでやってるような
テレビ番組まで見られます。
これはすごい。

海外の作品だけでなく日本の作品も続々登場してます。

画質がきれい

Huluは特に昔の作品が多いのですがそういった作品をDVDやVHSで見ると画質に愕然とするじゃないですか。
しかも今のテレビなんかハイビジョンあたりまえの高画質!
というわけでそのテレビに見合った質で見られるのがすばらしいね。

返しにいかなくていい

従来のレンタルDVDなら
必ず返却日が訪れます。

延滞料金で稼いでる。
とはよくいったもので
返却日をすぎるとまるで利息のように
おっとろしい延滞料金を請求されます。

そんな心配がないところがいいところかも!

デメリット

じゃあ逆にどういうところがデメリットなの??

チャプターで飛ばせない

ぽんぽんと飛ばすことができないのです。
いわゆるシークバーみたいなのがあるので
そこで早送りとかできます。

たまに動きが止まる。

たまに、ごくまれにですが
傷がついたDVDみたいに一瞬止まる時が有ります。
一瞬。
そんなに気にならないと思うけど。どきっとします。
オンラインという特性上仕方ないのかな?
これはご家庭のネット環境に依存してるかもしれないです!

1アカウントの同時ログインできず

たとえばPS3で映画なんか観てる時に同時にスマホで別の作品を…というわけにはいきません。仕方ないのかな。
なんで家族で1アカウントとってたりするとリモコン宜しく譲り合いの精神が必要になってきます。

字幕版しかない?

これちゃんと調べてないけど
たぶん洋画とか字幕のみだったかとおもいます。
作品によるのかな。

【2015年1月追記】
※現在洋画、海外ドラマなど作品によっては吹き替え版も鑑賞できるようになっています!
 これはありがたいね!

まだまだタイトルが少ない

日本向けのサービスは始まってからまだ2年そこそこ?
だからタイトルが少なかったりすることも。

たしかに本数は多いのですが観たいのが無い!
ということもあったりなかったり。

旧作が多めなので新作を出たらすぐ観る!
と言う人には向かないかもしれません。

さすがにTタヤさんやGオさんのように
何から何まで取りそろえているわけではないので
やきもきしちゃうかも…。

しかし、しかしだテレ東のドラマや
なんやが観られるようになったのはすばらしいよ。

【2015年1月追記】
※現在タイトルもめちゃくちゃ増えてます!あと最新アニメやドラマも観られるのはありがたい!

コストパフォーマンス

現在登録してから2週間のお試し期間内であれば
無料なんです。そいつあすげえや!
それからが月額980円933円(税抜)

習慣的に海外ドラマや映画を観てる人なら
それがかなり安いということに気づくかと思います。

たとえば私の利用するTタヤだと、だいたい旧作が70円。
14本かりてHuluのひと月料金です。
14本というと結構多いと感じるかもしれません。
しかしたとえば4人家族で利用するとしたら一人当たりだいたい
3.5本。そう考えると少ない。

全員がHuluを利用するなら得かもしれません。

結論

ドラマとか映画良く観る人なら
いれていいんじゃね?と思います。

逆に対して観ない人にとっては
もったいないかもね。

しかし海外ドラマなんかの続き物を見始めたら
月に30本近く観てしまう!
なんて事もあるかもしれません。
そんな時はかなりお得だと思います。

それと、一番の利点は
「わざわざ借りてまで観たいとは思わない」
作品が観られると言う事です。

例えばむかしなつかし「夜逃げ屋本舗」という
ドラマがあるのですが、
わざわざ借りてまでみたくないじゃないですか?
ってかなり主観なんだけど。夜逃げ屋ファンの方すみません!
でも家にいてテレビでやってたら観るみたいな。
あ~なつかし~みたいなやつね。
そういう作品がドラマ映画問わず結構あります。

たださっき書いたみたいに新作には弱いです。
新作映画やドラマがレンタルで見たい人は
やはりTやGに行った方がいいかもね。

コンテンツ数はこれからもどんどん増えて行くみたいなんで
さらに面白くなっていくんでしょうか。

いやあまるでHuluのまわしもの
みたいな記事になってしまいました。

関連記事

アイキャッチ画像無し
映画『バーク アンド ヘア』ネタバレ レビュー
hk
映画「HK 変態仮面」ネタバレ 感想
アナ
アナの「Let It Go~ありのままで~」をなんかぽく歌う方法

Huluの6つのメリットと5つのデメリット へのコメント

    1. oden 投稿作成者

      ありがとうございます!!
      過去の記事なので一回時間見て洗いなおしますね!
      とり急ぎその箇所だけ追記させていただきました!!
      Huluも日々進化してますね!!!

      返信
  1. 匿名

    好きな作品でも配信終了になってしまうことがある。『明日の光をつかめ』とか。それが悲しい。

    返信
    1. oden 投稿作成者

      確かに期間限定のものも多いですよね!私もいつの間にか消えていて悔しい思いをしました

      返信

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)