名前がおしい『ヒットマンレクイエム』

2013年3月8日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

コリン・ファレル主演の『ヒットマンズ・レクイエム』
は名作ですがなんとこないだ『ヒットマンレクイエム』
というタイトルの映画もDVDになったよ!
しかもティム・ロス主演ってマジッすか!!

『ヒットマン レクイエム』あらすじ

19歳のアダムは、殺し屋ロイとの道行に巻き込まれる。
それは殺人、セックス、密売、そして復讐という
悪夢のような世界への旅立ちだった・・・
殺し屋になりたい少年と、娘の結婚式のため殺し屋から足を洗いたい
ベテランヒットマンの道行はどのような終着を迎えるのだろうか。

主演ティム・ロス

ティム・ロスといえばやっぱり『レザボア・ドッグス』。
クエンティン・タランティーノ監督の代表作であり
記念すべき監督デビュー作です。
これを観た当時は学生だったと思うのですが
スティーブ・ブシェミのかわいさにビビりました。
ブシェミというとどうしてもへんてこなおじさんのイメージがあるのですが
これはよかった。あれ、ブシェミの話に脱線してきましたね。

さて話をティム・ロスに戻して…
そう、そんなティム・ロスが本作ではやく足を洗いたい
殺し屋のロイを演じます。

仕事を辞めるときってなかなか大変ですよね。
辞めてからの生活や転職の心配より
やめるまでの煩わしい会社での生活のほうが大変です。
ロイの気持ち、よくわかります
また脱線してきましたよ。

原題は『The LIABILITY』

本作の原題は『ヒットマン レクイエム』ではなく
『The LIABILITY』です。
“liability”とは英語で「責任」や「義務」、「負債」などの意味。
実際にはどの意味かわかりませんがやはり「負債」でしょうか?
殺し屋という身分自体がロイの負債になっているという感じ??

ほかのキャストはこんな感じ

その他のキャストは『インセプション』ではイームスの女装後(?)の姿を
演じたタルラ・ライリー。そういえばにしおかすみこが吹き替えしてたよね。
それとジャック・オコンネル。多分ロイに憧れるアダムの役かな??
wikipediaの文字こそ赤いですが実際にあった飛行機事故をテーマにした映画
『ユナイテッド ミュンヘンの悲劇』などでメインキャストをつとめていました。
その他『トレイン・スポッティング』そして昨年公開の『思秋期』に出演した
ピーター・マランなども名を連ねています。

まとめ

惜しくも日本では公開がなくDVDスルーとなってしまいましたが。
ティム・ロスが出てるし観たい!という方は少なくないはず。
そういった方はぜひDVDをチェックしてみるとよいよ!

関連記事

天使とデート
天使が出てくる映画
テルマエ・ロマエ
続編決定!『テルマエ・ロマエ』の魅力
L.A.ギャングストーリー
ショーン・ペンがギャングになった映画!!

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)