映画館の変な客

2013年3月2日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

これまでに何度映画館に足を運んだかわかりません。
理解不能であったり、映画どころじゃなくなるお客さんとも
たくさん出会いました。その一部をご紹介するよ!

というわけで今までの映画観る人生の中で
印象に残ったお客さんを思い出して行きたいと思いますよ~

リアクション大王

『踊る大捜査線』を観にいった時のこと。
隣の席に座ってるかわいい声の女の子二人の感情移入が半端なかったです。

「きゃあああこわいいいい!!」
「青島くんがんばれ!!!!
「ゆきのさあああん!あぶなああいい!!」

などもう映画の中に入ったかのように大騒ぎしていました。
それを二人でわかちあいながらトークしていたので
どうもそっちの女の子ばっか気になって
血まみれの青島君とかぜんぜん記憶にないです。

たぶん二人は本広監督より湾岸署に近い存在でした。

さらに驚いたことに映画がおわって劇場が明るくなると
その二人組みがなんとオバちゃんだったのには驚きました!
どんでん返しです。

俺時間

レイトショーを観にいくと必ずといっていいほどいるおじさんがいます。
おじさんっていっても劇場が明るくなってからその姿を観たことが無いので
ほんとうにおじさんかどうかすらわからないのですが
彼はビニール袋におつまみをいれてるみたいで
映画の途中でがさがさいわせながら入ってきます。
やれやれと席につくとプシッと音を立ててたぶんビールを飲んでいます。
パリポリなんか食べてます。

『テッド』を観にいった時もそうでした。
本当にラストのラスト、テッドの運命がどうなるんだ!!というところで
突然立ち上がってピーナッツ食べながら帰っていったのです。

彼にとって映画の内容が大事なのではなく
映画館ですごす楽しいひと時が大事なのですね!
まるで居酒屋!

囲まれた…?!

『アイアンマン2』を観にいった時のことです。
映画を観ながら周りから
「Oh…」だの「HAHAHA」だのと聞こえてきました
リアクションがでかいんです。
そうなんだかデジャヴを感じる思ったらこれは…

フルハウスの観客の声だ!!!!

答えに辿りついた私は周りを見渡してみました。
すると右隣は外国人でした。
やっぱりね!とおもって左隣をみたら。
やっぱり外国人でした。
まさか!!と思って前、後をみるとなんと私の周り八方向全員外国人だったのです

○わたし ●外国人 だとしたら

●●●
●○●
●●●

だったのです!!ステレオサウンドも真っ青です!!
もうサラウンド!いやいやすごかったのです。
その全員がギャグシーンで大ウケし、悲しいシーンでは落胆し・・・
となるともうすっげーことに
映画がおわってからその仲間たちうち一人がこう言いました。

「Yes,We are so noisy! HAHAHA」

まったくそう思うよ!!

足が麻痺してこのまま死ぬのって思ってた人

私がバスに5時間くらい乗ってから映画館に行った時のこと
『ミッドナイト・イン・パリ』を一人で観ることにしました。
客層はというと中年のちょっとインテリで身なりがしっかりした男性ばかりで
そのなんともいえばいハイソサイエティ的な空間に酔いしれていました。
(ハイソサイエティって言いたいだけです)

ちょうどおろしたてのスニーカーをはいているということもあいまって
もう気分は絶好調でありました。

映画が始まって一時間もしないうちに
私は右足の感覚がまったく無いことに気づきました。
足を動かすこともできずおやおや。と思いました。

最初はしびれているだけかな?と軽く考えていたのですが
徐々に左足も動かなくなってきて
足が冷たくなってきました。
私の頭に“死”という言葉がよぎりました。

たぶん体の下から順番にうごかなくなって
最終的にラオコーン群像みたいになるんだろうなって!
そしてだんだんこう考えるようになりました

「映画館で死ぬのも乙かもしれない」

「だってウディ・アレンだもんね」

「自縛霊になったら映画観放題やで」

とかなんとかいってもうすっかり死を受け入れた頃に
体の麻痺がとけました。

よく考えたら5時間もバスにのって
まだやわらかくなってもないオニューの靴なんかはいたら
そら足もしびれますわ!!しかも映画館で同じ体勢だったら
なおさらです。もはや解脱までした私は馬鹿だったのです。

でも妙齢のキモオタ女に劇場で死なれでもしたら
なんばパークスシネマの人もいい迷惑だよね。

まとめ

映画はたのしくみようぜ!!!
マナーはまもってね!
また面白いお客さんにでくわしたらレポートしていきますよ。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)