映画『ヘルタースケルター』ネタバレ 感想

2013年5月13日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

あのエリカ様がおヌードを披露!
岡崎京子原作の漫画『ヘルタースケルター』の実写映画を観ました。
沢尻エリカ以上に私の心を動揺させたのがやっぱ寺島しのぶです。

沢尻エリカが体張った演技で物議をかもした映画『ヘルタースケルター』
未だにコアな人気を誇る少女漫画家・岡崎京子の名作を
実写映画にしたものです。

「もとのままのもんは、骨と目ん玉と髪と耳とアソコぐらい。あとは全部つくりもんさ」
全身整形でつくりものの美を纏ったりりこは、突き刺さる羨望に灼かれながら
欲望渦巻く世界をめちゃくちゃに疾走していく。
りりこが巻き起こす【事件】の真相とは、何か? 冒険の果てに辿り着く場所とは、どこか?

沢尻エリカちゃん…

先に言っとくけど本作は“りりこ”の物語ではありません。
明らかに“えりか”の物語です。

「別に」騒動で清純派から一気に悪女役のイメージにジョブチェンジした沢尻エリカ。
彼女の復帰作となったのが本作です。
りりこが人気女優から転落していくように沢尻エリカも波瀾万丈な女優人生を歩んでいます。
りりこが屋上で「もうこんな仕事やりたくないよお~」と泣きわめくシーとか
沢尻が素でやってるようにしか見えません。
あのシーンこそ1リットル分くらいは泣いてたんじゃないでしょうか??

ヘルタースケルター/りりこ

(C)2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会

沢尻エリカってほんとに自顔がかわいいと思うので(間宮兄弟とかさ)
あのつけマツゲは不自然すぎる気がしました。
だってさ、つけまつげつけたら美人もブスも似たような顔になるじゃない??
だからもってーねーよーーー

≫沢尻エリカの出演作品を振り返ろう

もうお腹いっぱいです!寺島しのぶの濡れ場は!

ヘルタースケルター/羽田とりりこ

(C)2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会

『愛の流刑地』という官能映画があります。
トヨエツ演じる小説家とそのファンである人妻・寺島しのぶが不倫しまくって死ぬって話です。
『失楽園』の人の映画といえば大体どんな映画か想像つくかと思いますが
映画が2時間くらいあるとしたら
1時間半くらいはトヨエツと寺島しのぶのベッドシーンです。

そんな映画を何をおもったか友達とモツ鍋を食べながら観てしまったので
もう何食べてんのか分からなくなってしまいました。
一生分の寺島しのぶのあえぎ声を聴いてげんなりしていましたが

本当の地獄はこれからでした。

本作でも彼女がなかなか体を張ったシーンが登場し裸になったり下着姿になったり…うーん!
原作ではたしか羽田というキャラクターは若くてかわいらしいタイプだったかと思いますが
本作ではなんつーか中年女子です。
しかも彼氏(綾野剛演じるヒモ)のまえできゃぴきゃぴするのがすげー
…き…いやいやなかなかのもんでした。
かいわれ大根をそだてる羽田のケツに綾野剛が欲情する
と言うシーンがあるのですが
まじで熟女趣味のそれに近い何かを感じました。
たぶん綾野剛はニッチな趣味なんだろ。

寺島しのぶは女優さんですし美しいと思いますが
どうにもなんだか生々しく、何かを感じ目をそらしたくなるシーンが多々ありでした。

りりこの常識を超える美と、平平凡凡な羽田の対照的な存在感が下着姿にも表れてましたね。
りりこの下着姿は作中に何度も登場します。
真赤なガーターベルトやらヒモパンやら…
そして一度登場する羽田の下着姿はありきたりな白い綿パン。
彼女たちの美の差が如実に表れているシーンでもあります。
なぜ私はパンツについて真面目に語っとるんだ。

ポエマー麻田

ヘルタースケルター/麻田とりりこ

(C)2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会

大森南朋演じる麻田検事。
りりこの通う美容整形外科の不正を暴くため奔走しているんですが彼のセリフがひどい。

『暗い穴の底にいる女性たちを救いだす君は、アリアドネの糸なんだ』
『ジョーカーをなくしてしまったか…』
『キミはタイガーリリー。冒険者だ』
『タイガーリリー…まだ冒険を続けるのかい』

などといった発言をしきりに繰り返しており
最終的には大森南朋が画面に出てくるだけで笑ってしまうという事態も引き起こしました。

最初は『ポエマーですね』と優しくオブラートに包んだツッコミを入れていた部下の鈴木杏も
次第に『彼女は鉄のカーテンに守られているワケですか…』
明らかに影響を受けたセリフしか言わなくなってしまったのもポイントです。

原作ではしっくりくるセリフもいざ実写で…となると上手にやらないといかんもんですね。

誰かと思えば鈴木杏かい!

というわけで麻田検事の部下の役を演じた彼女
…新たなステージへと乗り出した鈴木杏さん。
なかなかのサイズには親近感を覚えずにはいられないプロポーションです。
いやまじで誰かわからんかった。
あのメガネと髪型にスーツのせいもあるんだろうけどね。
そんな鈴木杏さんに
『どうして神様はまず人に若さと美しさを与えたのでしょうか?』
ってセリフを言わすのは少々酷ではないですか。

女子高生のアイコン

ルーズソックスにミニスカートを装備した女子高生がブームの中心であり主役でもあった90年代。
本作『ヘルタースケルター』が描くのはそんな時代です。
彼女らのシンボルとなったのはやはり安室奈美恵でしょうか。
女子高生がサイキョーだった時代。
彼女たちのアイコンはアムロから2000年代あゆに変わり現在も変化し続けています。

本作のりりこもそのアイコンの一つとなっていますが
たしかに浜崎あゆみになんとなくにていますね。
本作のテーマソングを浜崎あゆみがつとめたことからも
なんとなく意図を感じませんか?

ニナミカントク

写真家・蜷川実花。
彩度とコントラストを強めにしたヴィヴィッドな色彩をもつ写真で
ジョシ達に大ウケし雑誌の表紙やら写真集やらAKBのPVやらジャケットやらなにやらかにやら手掛けている売れっ子です。

蜷川実花っぽい加工を施したゴーヤ

蜷川実花っぽい加工を施したゴーヤ

アタシこんな場面が撮りたい。こんな演出がしたい。
こんな背景に小物に使いたい。こんな衣装がイイ!
って気持ちが先に出てるもんですかひとつひとつのカットはナミカ節前回で
ファンにはたまらない演出だったかもしれません。

その反面キャラクターの行動や展開についてけなかったり
感情移入がしづらい点が多かったと思います。
ごってごてのおされな演出が先行していてひとりひとりの人物の描写が
おろそかになっていた部分もあるのではないでしょうか?
羽田がどうしてりりこに
しっかりその辺描いて誰かしらに感情移入できる作り方がほしかったと思います。

あと気になったのがエンディングへの持ってき方。
最後のシーンの途中でテーマソングなり音楽が流れてきて
そのままフェードアウトしてエンドロールって手法は星の数ほどあります。
本作でも音楽が流れてきてフェードっていうのがあったので

「ああこれで終わりか」

と思ったのですがそうでもなくそのまま次の場面に移動するシーンがあり
「終わらんのかい!」と思わず突っ込んでしまいました。
思わせぶりなシーンが3,4回でてきますのでそのたびにズコーってなります。

あれだったらいいシーンでスパッとおわって
見世物小屋の看板→カメラが中に入る→眼帯姿のりりこのカットがスッとはいって
「みたいもの、みせてあげる」ドーンで終わりで良かったと思う。
語彙力がなくてすみません。
とにかくこずえがどっかの国のへんな店に足を踏み入れるシーンは完全に蛇足です。

監督の前作「さくらん」は観ていないのでなんともいいきれませんが
ぶつ切りにつくられたきれいな場面集を
順番に並べて作られた映画のように感じられました。

それと参考までに『ブラックスワン』みとくといいでしょう。

ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]

販売元:Happinet(SB)(D)( 2012-12-21 )

定価:¥ 5,400 ( 中古価格 ¥ 1,427 より )

Amazon価格:¥ 2,727

時間:127 分

2 枚組 ( Blu-ray )


映画『ヘルタースケルター』ネタバレ 感想 へのコメント

  1. アイ

    やっとみました!
    終わりじゃないの?あたしも二回つっこみました(笑)深いとこの描写が触り程度にしかなく、検事も知っているのに関わらずナイフで他人を刺した犯罪者は捕まらず、人生に絶望し、薬漬けの副作用で死んだかとおもえば、なぜか片目を刺して生き延び海外逃亡?よくわからなかった。原作を読んでいないから余計にチンプンカンプンです。何故 セックスシーンが多いのかも、理由の推測できる場面がほしかったな。女子高生のトークが無駄に多く煩い。映画館でみなくて本当に良かった。

    返信
    1. oden 投稿作成者

      >アイさん
      コメントありがとうございます!
      そうなんです。こう思わせぶりにエンディングかな?っていうシーンがありましたよね。
      個人的には場面場面の美しさの追求が先行していて、心理描写などが薄かったように思いました。

      たしかに女子高生のトークはうるさかったですね笑
      わたしはあいにく映画館で観たのでより疑問点が残ったように思います笑

      返信
  2. ちー

    やっとこの映画を見て検索したらここにたどり着きました(笑)
    私もこのシーンこんなに長いの?ってことが何回かありました。
    女子高生の話もそうですが、記者会見のカメラのフラッシュ…
    映画館で観てたら具合悪くなりそう。
    終わり方も謎でしたね。
    セックスシーンが多いのはりりこの狂いっぷり(あまり適切ではないですが)を表現したかったのかな、と思いました。
    誰かに愛されたい、必要とされたい、という表れですかね。
    映像美はさすがでしたが。

    返信
    1. oden 投稿作成者

      >ちーさん
      お返事が遅くなってすみません!
      コメントありがとうございます。

      そういえば!たしかにおっしゃるように
      カメラのフラッシュのシーンは長かったですね。
      映画館の特に前のほうでみたらきついでしょうね!

      セックスシーンはかなり強調されていましたね…!

      返信

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)