ジェラルド・バトラーのクソ映画『GAMER』

2013年4月29日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

『300』でおなじみのワイルドボーイ、ジェラルド・バトラー。
彼がなんとクソ…いや微妙な映画に出てたのをご存知ですか?
さてそのタイトルとは…

『GAMER』

マインドコントロールの技術の発達した2034年―
生身の人間を操り、仮想空間で自分のアバターとして動かすことの出来る
『ソサエティ』というコミューンが出来ていた。
ソサエティの大ヒットをきっかけに
今度は死刑囚を操り戦場で戦わせる『スレイヤー』というゲームが新たに発売され
さらなるヒットとなっていた。

そんなスレイヤーで最強とよばれるのが“ケーブル”だった。
彼はその腕前で幾たびものの戦場を駆け抜けてきた。
彼が戦場に身を投じる理由はただ一つ。
自身が殺人の罪を着せられ死刑囚となった理由を解明するため…

ケーブルを操るのはたった17歳の少年。
ケーブルはとあるきっかけから本来なら叶うことの無い
プレイヤーとのコンタクトを試みる…
すべてはこのスレイヤーという世界から脱出するため…

要は『セカンドライフ』

要はっつったけどさ!
セカンドライフって覚えてますかみなさん??
インターネットの世界で第二の人生を楽しもうじゃないのよ。
っつーゲームですよ。ゲームの世界の中で買い物やなんやを楽しめるということで
実際にゲームの中で企業広告が出されたりともりあがったものです。
しかし日本ではあまり受け入れられず
一番盛り上がっていた2007年以降どんどん企業もお客さんも撤退し
どんどん盛り下がってしまったものです…
(まだ海外ではユーザー数は増えてるみたいだけどね)

さて、実際にそんな世界をテーマにした本作。
登場人物はプログラム!ではなく実際の人間!
というところがセカンドライフとは違うところですね。

いったいどうやって実際の人間をあやつってるのかって?!
頭ン中にチップを埋め込みマインドコントロールしちゃうよ!という
人権なんてねーぜな設定なのです!

地味にきいたことあるキャスト

とりあえず主演はみんな大好きジェリーことジェラルド・バトラー
そらもうみんな知ってるよね!!ねえ!!
とかいいつつ昔はラッセル・クロウと区別ついてなかったなー!!!
その他三銃士に出てた憎たらしい小僧ローガン・ラーマンくんとか
なんかすっげーあっさり登場退場したジョン・レグイザモとか。
なんか妙に聞いたことある観た事ある人がちまちまでてました。

まとめ

設定はすっげー面白かったのにお話がいかんせん…
せっかく面白いシチュエーションなんだからもっとその設定で攻めたらいいのに!
とおもいました。
コレは私の好みというのもあるとおもうのですが
面白い設定を結局ありきたりな展開でまとめちゃったんだよーーーー
ってのがとても感じられたよ。

たとえばさずーっと戦争モノとして描いて
途中で主人公があれ?なんかおかしいな?
同じことくりかえしてね??みたいなおかしいことに気づくみたいなさ。
そういうアレだよ(アバウト)

あとあれだよジェラルド・バトラーである必要性はあったのか…!い?
そんなかんじでした。
一番おもしろかったのはネカマのピザかな!!

GAMER ゲーマー [Blu-ray]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント( 2011-08-24 )

定価:¥ 2,571 ( 中古価格 ¥ 397 より )

Amazon価格:¥ 1,121

時間:95 分

1 枚組 ( Blu-ray )


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)