映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ネタバレ 感想

2013年6月11日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

デン!デン!デン!デン!ドンデン!
エヴァQわっしょい
というわけで感想。ネタバレ注意だよ!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』あらすじ

世界を崩壊へ導いたサードインパクトから14年後。
ネルフから離脱したミサトらはヴィレという反ネルフ組織を立ち上げ
別名神殺しとよばれるヴンダーに乗り込みネルフのエヴァ殲滅にむけて動いていた。

そんな中サードインパクトを巻き起こした張本人であるシンジが
長い眠りより覚める。

ミサトやリツコなどヴィレのメンバーはシンジに冷たく
怒りを露わにしたアスカもシンジに罵声を浴びせる。
いわれの無い辛い仕打ちに困惑するシンジ。

そんな中ヴィレに敵襲が迫る。
敵襲とは使徒ではなく綾波の乗るネルフのエヴァだった。
ミサトらの制止を振り払い自ら綾波のエヴァに乗り込んだシンジは
ネルフの本部にてゲンドウと再会し、再びエヴァに乗ることを強いられる。

ミサトらの厳しい態度や変わってしまった綾波、冷たいゲンドウにより
落ち込んでいたシンジだったが不思議な魅力を持つ少年カヲルに励まされ
次第に元気を取り戻す。

しかし、自身が眠っていた14年の間に何が起こったのか
自分が何をしでかしたのか、そして綾波の正体を知り再び落胆する。

何も信用できなくなったシンジはエヴァに乗ることを拒んだが
カヲルの優しい説得でカヲルと共にエヴァに乗る決意をする…

巨神兵東京に現る

巨神兵「ボガーン」
観客「ポカーン」

マリの正体

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

誰なの?


新劇場版で急にでてきたキャラクター、マリ。
マイペースでつかみどころの無いキャラクター。

彼女、一体何歳なんでしょう?
“エヴァの呪縛”ではエヴァのパイロットは
老化しないとかなんとからしいけど
マリもそうなのでしょう。きっと

ゲンドウを『ゲンドウくん』と呼んだりしていますから
ひょっとすると実年齢は冬月と同じくらいなのかもしれません。
懐メロばっかうたってるのもヒントなのかな??

歌で思い出したけど初っ端でマリがずっと口ずさんでる歌が
使徒による精神攻撃か何かかと思った。

今回マリとアスカが仲良しだったのがかわいかったね!
アスカがマリのことを『コネメガネ』って呼ぶのを
『骨メガネ』かとずっと思ってて
何言ってんだアスカと思ったよ。

無能なミサトさん

前二作でもつよくそれを感じましたが
本作ではもっとです。

シンジがネルフの手に渡り、
エヴァ(ミサトさん風に言うとエヴァー)に
いずれ乗ってしまうことは想定できたでしょう。

なのにシンジが綾波に攫われそうになった時に
大した抵抗も見せていませんでしたし…
もっと死ぬ気でおいかけて取り返せよ!と思いました。

保険のためにシンジに取り付けたDSSトリガーだって
簡単に外されてしまいましたし。
シンジのにとりつけられた首輪型のDSSトリガー。
シンジがもしエヴァに乗るようなことが有れば、
ミサトの合図で首輪がトゲのように変形し
首に突き刺さるという代物でしたが
カヲルくんがさくっと外し後に
カヲルくんにさくッとささるという事態になりました。

もっとバトロワみたいに外そうとすれば爆発するくらいしろよ!
そこは親心?なのでしょうか。
ていうか遠隔操作できるようにしなよ。
GPS付けなよ!

サードインパクトにしたってそうです。
きっかけはシンジですが
大人のみんなはどうにかできなかったんか。
14歳の少年に背負わせすぎだろ!!
メンタルケアが必要なんじゃないのか?
突き離してどうすんだよ!!

シンジは何かと「ミサトさんがミサトさんが」
とわめいていますからそれぞれの行動も
彼女きっかけな部分もあると思うよね。
たしかに腹立つとおもうけど
そのへん大人はしっかりしたらどうなんだい?

いきなさいとかいうとったんちゃうんか!

カ、カヲルくう~ん!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

栗山千明も大好きカヲルくん


女の子ならみんな大好き渚カヲルくん。
今回もその魔性の美少年っぷりを盛大に発揮してくれました。
直接的なシーンこそありませんが…

シンジとカヲルくん二人の手が映るシーンで劇場の女子の皆は一丸となって

「いまだ!重なれ!手を!重ねろ!いけ!そこだ!!!」

とやんややんや祈ったことと思います。(たぶん)
にしてもこんなにイケメンだったっけ?
よりイケメンに見えました。

ところでカヲルくんとシンジがそういう雰囲気になったとたん
何組かの家族がダッシュで劇場出てましたが正しい判断でしたね。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

シンジでなくてもこんな顔になるさ

アスカ

かわいい。

レイ

かわいい。

リツコさん

太鼓が上手そうな髪型になった。

巨大頭部

ゲンドウが眺めてた、レイ(ユイ?)の顔をした
リリスの生首がGollirazの2Dにしか見えませんでした。

2d

参考画像

客層

田舎の劇場ながら私の観た回は満員御礼!
ざっとみたところ大学生くらいのオタク男子女子が多そうでしたが
あきらかにエヴァを観なさそうな客層がちらほら。
いかにもヤンキーなカップルやご年配のご夫婦。
前者はパチンコの影響、
テレビ放映で興味を持ったのでしょうか?

まとめ

もうわけわかめ!
ゲンドウどうしたいの?エヴァはなんなの?シンジは?アスカは?綾波は??
とりあえず情報が多すぎてもーよーわからん!
となったのが正直なところ。

次回作は『エヴァ?』ではなく『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』
だそうで最後にちゃんと決着付くのかね?

随所随所が???の嵐だったので
解説サイトとかちょっと読もうと思うよ。
あとテレビ版とか旧劇場版とか観たの
はるか昔だからあらためて観直したいなと思いました。

関連記事

hk
映画「HK 変態仮面」ネタバレ 感想
アナ
アナの「Let It Go~ありのままで~」をなんかぽく歌う方法

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)