映画『ダークナイト・ライジング』ネタバレ 感想

2013年6月8日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

ノーランのダークナイト3部作が完結したよ!
重大なネタバレがありますので注意してね!
今回の悪役ななんなのなあ~

『ダークナイト・ライジング』あらすじ
ジョーカーの事件、そして地方検事デントの死から8年―
ゴッサムはデント法により守られ犯罪の無い町となっていた。
そしてバットマン―ブルース・ウェインは表舞台から姿を消していた―。
しかしゴッサムにはまた新たな悪が迫っていたのだった…。

ベイン

クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト・ライジング』

見た目は大好き


本作の最大のヴィラン“ベイン”。
トム・ハーディ演じるスキンヘッドに
マスクの大男でかなりの残虐っぷり。

ですが、壮絶な人生を歩んでおり
顔のマスクが無ければ生きられないという
悲しい体を持っています。

とかいいつつ彼がそこまでバットマンに
固執し正義を平和を憎んでた理由が
好きな女のためという別コミも真っ青な献身ぶり。
なぜベインがミランダを愛しているのか、
どうして助けたいのかもっと描かれていたら良かったと思います。

例えば刑務所で酷い目にあってたけれど
少女だったミランダだけが光だった…とかそういうやつ。
その辺がとーとつだったよね。

悪なら悪できっぱりジョーカーみたいな
わけわからんので良かったと思う。
理解不能だからこそ人は恐怖を覚えるよね。

しかしベインは下手に人間味があったから
途中から感情移入してあげたくなりました。

ま、トムハである必要性ゼロだったよね!笑

キャットウーマン

相変わらず可愛いアン・ハサウェイ。
お尻に魅力たっぷりな彼女が
キャットウーマンを演じます。

自分の中でキャットウーマンといえば
バートン版バットマンでミシェル・ファイファーが
演じたそれでしたがこれはこれでいいんじゃないっすか!
したたか!!!アン・ハサウェイは何やってもかわいっす。
ビミョーに猫耳もあった!よかったよ。

だーれが殺したクックロビン!

本作でジョゼフ・ゴードン=レヴィット(通称:JGL)
が演じていた若手刑事・ブレイク。

熱血若手刑事という役柄とJGLが以外とマッチ。
ノーラン作品でのJGLといえば記憶に新しいのは
『インセプション』のアーサーですが

今回は孤児院出身のブレイク刑事です。
いち早くバットマンの正体を見抜く
と言う勘の鋭さを発揮していた彼の名前が
実は偽名でその本名こそ“ロビン”というのが
エンディングで明らかとなります。

そう『ダークナイト』シリーズにこそ登場しませんでしたが
“ロビン”はバットマンの相棒なのです!

ゲイだなんだと称される時もありますが
二人は最強のタッグです。
ロビンを主人公とした続編がありそうだぞっという
引っ張ったエンディングでしたが、
JGLがアメコミ映画の主人公って
花がなさす…いやいやイメージわきませんね!

ところでこのブレイクの正体に関して
wikipedia先生が盛大なネタバレをしています。

ひどいよwikiセンセ

ひどいよwikiセンセ

はじめてのおやこ?げんか

前作で「ブルースさまをかなしませちゃいかん!」
とレイチェルの手紙を処分してしまった執事のアルフレッド。

(前作:ブルースの彼女・レイチェルはブルースと
地方検事アゴワレ・デントの間で
カフェオーレ並みに揺れ動き
結局デントの方を選ぶと言う手紙を遺し死んだ)

そのことをずっとかくしていたアルフレッドでしたが
本作でブルースを想うあまり、はらはら泣きながら告白してしまいます。
それに怒ったブルースはアルフレッドをクビにしちゃいます。

これはわーーーだった。
だってブルースの唯一の肉親ともいえる存在なのに。
あんな!!
そんなことで????最後に救いがあってよかったけれど
謝れやぼけえ!と言いたかったねブルースに!

しかし涙流してるアルフレッドが
すごい少女漫画みたいで笑ってしまった。

ブルースはちゃらんぽらん

レイチェルのことで激昂し、
アルフレッドをクビにまでしたブルースでしたが
あっさりとミランダと寝るわ
最終的にキャットウーマンとくっつくわ
でもうこいつなんなの!って思いました。
心底レイチェルかわいそう…

個人的には

やっぱ2作目『ダークナイト』の方が
好きかもしれないなー。

映画3部作のクライマックスとして
本作はなんとかまとめた感が強かったような気がします。
やっぱり正義とは?悪とは?と言った所に
問いかけてくるのが本シリーズのテーマかと思います。

悪がないと正義が存在できないという大々的なテーマは
アンパンマンですでに説かれいます。

ハービー・デントが正義も悪も持ち合わせてしまったように
二つは表裏一体であります。
『ダークナイト』ではわけのわからん狂気、
だけど正論なジョーカーさんがそこを突いてくるお話でした。

しかし本作はまあ大団円ということで
正義=バットマンは誰だってなれるのサ!というエンドです。

最後のシーンといえばアルフレッドの

「ブルース様にもいつか家族が出来て楽しく
カフェなんかでごはんたべてる」

という妄想が実際に!という場面ですが、
しっかりとブルースwithセリーナカップルを映してしまうんじゃなくて、
カフェのシーンでカップルの男の方
(観客からは後ろ姿しか見えないがおそらくブルース)
と目があうアルフレッド、にっこりほほ笑んで終わりでよかった。
ノーラン的には。

故人であるということとヒースの怪演ということで
かなりの補正があるかもしれませんが
2作目『ダークナイト』と比較されてしまうのも仕方ないですね。
全然違うもの。

その他

きになったことつらつらと

ゴードンニブすぎ!!!

バットマンの正体なんかとっくに
気づいてるんだとばかり思ってました。
思えばそんな描写1、2作目になかったんだっけ??

しかもブルースにヒントもらってから
気づいてるし

「ハッ!まさか…」

じゃねーよ!

急いでる時にたらたらキッスしてんじゃねーよ

しかしアクション映画のお約束です。

奈落ちかっ!

この世の果てとも言うべき牢獄―奈落―
文字通り奈落に落されたウェインでしたが
あまりにあっさり帰宅したので
ゴッサムから案外近くにあったのかもしれませんね。
ゴッサム駅から徒歩15分!車で5分!みたいなね。

奈落はベインが根城にしている下水道の描写と
なんか似ていたので
奈落はゴッサムの地下にあったのさ!とか思いました。

あとここで実はアルフレッドが助けてくれたって
設定ならイカスって感想よんでああいいねそれ。

国歌斉唱してる男の子が今にも

消臭力の歌歌いだしそうだった。

核系の爆弾だったらあれだけで済まないんじゃ…

せいぜいそんな規模だったんでしょうか。
そんな疑問いらんって?

クレイン!!!!!(●^o^●)

一作目『バットマン・ビギンズ』に出てきた
ヴィラン、スケアクロウこと
クレインがちょいと出てきてました。
すっげー似合う役柄だったね。ありゃよかった笑
吹き替えはゆさこうじ。なるほど!!!

大オチ

アンゼたかし

ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ( 2012-12-05 )

定価:¥ 4,093 ( 中古価格 ¥ 150 より )

Amazon価格:¥ 784

時間:165 分

3 枚組 ( Blu-ray )


ダークナイト・ライジングのレビューまとめ

悪役がしょぼい

どーしてもジョーカーと比較してしまってダメなのですが、本当に悪役が小物でびっくりしました。ゴッサム最大の敵という鳴り物入りだったのにフタをあければ女のためかーい!ま、ベインのビジュアルは好きなんだけどね。 まあまとめたって感じでしたね! アルフレッドはかわいいブルースはダメだ!

評価: 3.2/5

Momoka Higashigawa

関連記事

ムービー43
『ムービー43』の出演者が豪華どころの話じゃない!
実写化に成功したのだめ
漫画の実写化の成功の理由は?
アメリカ物語
アメリカ物語ってディズニーじゃなかったんだ!!

映画『ダークナイト・ライジング』ネタバレ 感想 へのコメント

  1. 最近見た人

    横やり失礼いたします。奈落から出てきたブルースが町に戻ってくるまでの時間に関してですが、奈落を出るとき同時に進行していた時間が「タイムリミットまで21日」(うろ覚え)みたいな割と時間があるみたいな言い方をしていたかと思われます。ただブルースが帰ってきたときにはもう「あと1日」と言われていたので、少なくともジョジョ三部くらいの時間は経っているのではないかなぁ・・・と思われます。

    返信
    1. oden 投稿作成者

      こんにちは!!コメントありがとうございます。
      お返事遅くなってすみません…
      ジョジョ三部くらいのwwww
      ちょっとこれもう一回見てみようと思います!!!!情報ありがとうございます!!!!

      返信

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)