映画『クローズZEROⅡ』ネタバレ 感想

2013年7月26日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

『クローズZERO』続編の『クローズZEROⅡ』を観ました。
今さらとか言うのは百も承知!
でもぼかあ観たかったんだよ。山田孝之が見たかったんだよ!!!
それと綾野剛も見たかったんだよ!
それだけだよ!
ネタバレ注意です。

クローズZEROⅡ

『クローズZERO』あらすじ

不良の巣窟・鈴蘭男子高校には
いまだかつて不良達をひとつに束ねた者は存在しない。

OBのチンピラ・片桐拳(やべきょうすけ)らの協力を得て“G・P・S”を旗揚げし
怪物・芹沢多摩雄(山田孝之)率いる最大勢力“芹沢軍団”を倒した
転入生・滝谷源治(小栗旬)だが
残る最後の敵・林田恵(深水元基)との頂上決戦に挑み、敗北を喫してしまう。

その数ヶ月後、鈴蘭高校に「殺しの軍団」と恐れられている
鳳仙学園から刺客が現れた。

哀しき因縁を持つ両校だが、その因縁が新たなる抗争の火種と化し
固く守られていたはずの休戦協定がついに破られたのだ。
鳴海大我(深水元基)を中心に、一枚岩と化した鳳仙学園による侵攻が始まる。 

鈴蘭はかつてない危機を迎えることに!

一休さん集団・鳳仙学園

今回鈴蘭高校のライバルとして登場するのが鳳仙学園です。
グレーの学ランをまとった生徒たちのほとんどが丸坊主の一休さんヘアー。
そもさんせっぱなむさんだー!ははうえさまー!ってかんじでね(?)

大勢でぞろぞろ登場し次々に襲いかかるその様は
まるでエージェント・スミスのようでした。

しかし鳳仙学園の幹部である鳴海や漆原には髪の毛がたわわに生えています。
どっちかってーとロン毛よりです。
ヒラ生徒は坊主強制ってかんじなの?
野球部かよ!

そうそう、こういうのだよ!!こういう綾野剛だよ!!!

本作で綾野剛が扮するのは、鳳仙学園の狂戦士(バーサーカー)漆原凌です。
一見無口でおとなしい青年ですが、いざ喧嘩となると
手加減することを知らず相手をボコボコにしてしまうという
なんとも中二な設定の男の子です。
常に真っ黒な日傘をさしていているという
UV対策ばっちりのバーサーカーです。なにがバーサーカーや。

しかしこの綾野剛は髪型も黒髪ロングというスーパーベストだし
その狂ったキャラクターもベストオブベスト!!!!
わたしこういう性格の綾野剛が好きなんだよ!
ええじゃないかええじゃないか。
髪の毛切って佐藤隆太に惚れてる場合じゃないよ!
さわやかに空飛んでる場合でもないよ!
GANTZの彼とかとても素晴らしいと思います。ええとても…

≫綾野剛は狂った役の方が似合う!

金子ホモアキ

最凶の鳳仙学園のチーム・マルコメを束ねる
鳴海を演じるのはRIZEのベーシスト・金子ノブアキ。
金子ノブアキといえば音楽活動だけでなくちまちま俳優としても活動しとるよね

そんな彼の演じる鳴海というキャラクターは雄々しい青年でありながら
そのずば抜けた能力を発揮するのは喧嘩だけではありません。

彼の能力に『男の匂いをかぎわける』というものがあり
とある場所にしみついた青年のにおいをかぎ取ります。
その気持ち悪い能力をいかんなく発揮し

「ああ、●●の匂いがする…」

というセリフで観ていたみんなを揃ってドンビキさせました。
でも鳴海自身から「ホモじゃないよ!」という弁解があるので
みなさんほっとすると思います。

しかしその次の瞬間には
また別の男性に抱きつくという
なんとも矛盾した行動を平然とやってのけます。
そこにしびれる。あこがれるか?

まあでも鳴海というキャラクターはそんな所を除けばカッコ良いお兄さんです。
お兄さんっていうか高校三年生なんだけど…さ…

マッキーきめえ

前作にも増して気持ち悪さが増してました。愛すべきキモメン。

なにこのラブシーン

本作には一応黒木メイサがヒロインとして登場します。
主人公の源治のいきつけのライブハウスで働く歌手のルカとして
作中でもたびたびそのステージを披露しています。

そのステージシーンが蛇足だとか冗長だとかなんとかいわれますが
普通に見物だと思います。

ほら、クローズ観てる途中で勝手に
テレビのチャンネルをミュージックステーションにかえられたと思えば
違和感ないはずですよ!

さて、そんなルカちゃんと源治くんは実は両想い!
…なのですがその二人の肝心のラブシーンが無声で字幕という類を見ない演出!
唐突に画面に現れる映画の字幕フォントに驚き!

喧嘩ばかりの男の世界に女のセリフはいらねえって?
三池監督のにくい演出には劇場では
スタンディングオベーションが巻き起こったに違いないですね!(てきとう)

まとめ

前作から更にパワーアップして登場したクローズの面々たち。
前作でライバルとして張り合った源治たちと芹沢たちが手を結び
一つの巨大な敵である鳳仙をブチのめすという
まさしく少年漫画みたいな展開には熱くなりました。
ケンカシーンもなかなかおもしろかった?かな?

校舎の一階から上にいくにつれて強い敵がでるという
死亡遊戯さながらの展開もベタでよかった。
あと綾野剛がよかったので前作より評価マシマシで!!!
金子ノブアキはキモかったね。

≫映画『クローズZERO』ネタバレ 感想

クローズZERO II スタンダード・エディション [DVD]

販売元:Happinet(SB)(D)( 2009-10-02 )

定価:¥ 3,990 ( 中古価格 ¥ 293 より )

Amazon価格:¥ 1,753

時間:133 分

1 枚組 ( DVD )


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)