コメディなのに死ぬ映画

2013年3月22日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

この世の中にはコメディ映画があまたあまたと存在します。
でもそんなコメディなのに突然人死に展開があったりして
すっげービックリしませんか?ビックリしない為にも
そんな映画を紹介するよ!!

コメディ映画で人が死んでびっくりするのを防ごう!!
というわけでコメディ映画なのに人が死んじゃう映画を紹介していきます。
なんで死ぬの?死ななくていいのに!とがっかりすること請け合い。
だからそんながっかりびっくりを回避しようよ。
ネタバレに非常に注意。

あんなにギャグだったじゃない『SUPER!』

『キックアス』のビッグヒットは記憶に新しいですが
この世には他にもお手製ヒーロー映画があるのですよ!
そんな映画が『SUPER!』なのです。
この映画『SUPER!』は中年オヤジが奥さんを寝取られたのをきっかけに
悪を滅ぼすヒーローになっちゃうというお話。
主人公の仲間として登場するのがアメコミショップで働くクレイジーな女の子
リビーです。エレン・カワイイ・ペイジが演じるリビーは
その愛らしい外見とは裏腹にビッチでキ●●イという有様。
しかし主人公に愛情をそそいでおり憎めません。
終盤そんなリビーの顔が半分になって死にます。
わりとぶっ飛びまくった映画なのでこれは
「リビーがこの後半分サイボーグとかになって復活して
 すっげービームとかで敵を粉々にするんだろう!」
と軽く考えていたら普通に死んでビビりました。聞いてないよそんなの!

ほんわかふんわりどこへやら『ライフ・アクアティック』

こないだ公開された『ムーンライズ・キングダム』の
ウェス・アンダーソン監督の映画です。
主人公はあのビル・マーレイ。
海洋探検隊のおもしろおかしな連中が船をドンドコ進めて
ゆかいなストーリーが展開します。
ビル・マーレイは探検隊のリーダー件映画監督のズィスー。
ザ・ワンマンでみんなを振り回します。
そんなズィスーの元に彼の息子を名乗るネッド(オーウェン・ウィルソン)
が現れまたまた面白おかしく展開していきます。
そんなネッド、終盤であっさり死にます。
うそでしょ!うそだよね!!と言う間もなく葬式シーン。
ががーーん!!!
この驚きはあれです相棒の映画で小野田があっさり死んだ時と同じでした。

そんなオチいらないよお!『ブラザーズ・ブルーム』

兄マーク・ラファロ、弟エイドリアン・ブロディ
というまっっっっつたくにてない兄弟がおもしろおかしく犯罪を繰り広げる映画。
コレを言うとガチネタバレなんだけど最後の最後におにいちゃんが死にます。
物語は全体的におもしろおかしくなぜか菊池凛子もでているという有様
そのせいか三木聡監督の『図鑑に載ってない虫』を思い出さずに入られません。
だからこそ人が死ぬようなオチでびびりました。えーーーっっていう。
なんかさあそこはみんなで車に乗ってぶーんってどっかいって
「俺たちのちょっとおかしな旅はまだまだ続くようだ!」
って弟のナレーションで終わりでよくなかったかー??

まとめ

とまあいろいろネタバレしてしまいましたが
もうギャグなら殺さないでよ!なく準備してませんよ!!
たのしくいこうぜたのしくね!!

関連記事

ジャスト・ア・ヒーロー
ケヴィン・スペイシーのヒーロー映画『ジャスト・ア・ヒーロー』

コメディなのに死ぬ映画 へのコメント

  1. 布村 建

    『極楽闘牛士』というのがあります(日本公開 一九四八)のラストシーン。殺された極楽コンビの顔だけのこった骸骨が歩いくるのです。シュール!

    返信

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)