ビトレイヤーの意味とは…

2013年2月28日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

ジェームズ・マカヴォイ主演『Welcome to the Punch』の邦題が
『ビトレイヤー』となり公開日も決定しました。
でも『ビトレイヤー』ってどういう意味なんでしょう?

『パンチへ、ようこそ』

邦題は『ビトレイヤー』ですが原題は『Welcome to the Punch』
原題を直訳すると『パンチへ、ようこそ。』
なんだかあったかヒューマンドラマって感じのタイトルだよね。
本当のストーリーとか知らずにこのタイトルだけみたら
こんな感じのお話を想像してしまいます。

幼いころに両親をなくし、
親戚の家をたらいまわしにされて育ったヘンリー(ジェームズ・マカヴォイ)。
高校を卒業し勤めていた保険会社がリーマンショックのあおりを受け倒産し
ヘンリーは行き場を失くしてしまう。

そんなある日、両親の遺品の中から一枚のポストカードを見つける。
写真こそ色褪せてはいたが、薄水色の空を背景に連なる緑の山々と裾にひろがる湖が確かに感じられた。
ポストカードには“パンチ”と書かれていた。
それが地名なのか山の名前なのかはたして湖の名前なのかは分からなかったが
一度この美しい地を訪れたいと思った。

どうせすることがないのだから…
とポストカードの住所をたよりにその地をめざすヘンリー。
差出人の名前は無かったが、添えられたメッセージから
どうやら両親と深い関係にあった人物のようだ。
自分は両親のことを何も知らない。ひょっとしたらその人物から
両親のことや自分の生まれのことなど聞けるかもしれないという期待もあった。

しかし、そこに待っていたのは写真の景色とは違い
淀んだ空と濁った湖に荒れ果てた土地、そして
ほとりの錆ついた小屋に住む偏屈な男ピーター(マーク・ストロング)だった。

というね、最初こそつっけんどんな態度をとるピーターが
徐々にヘンリーに対して父性を覚えはじめるとかいう話。
よくあるじゃない。そういうあれだよ!

はい、全部妄想です。

満を持してビトレイヤーのストーリー

じゃあビトレイヤーってどんな話なのよほんとのところ
というわけでほんとのビトレイヤーのストーリーはこれ

大物犯罪者のスターン・ウッド(マーク・ストロング)は
息子が事件に巻き込まれたという連絡を受け
潜伏先からロンドンへと戻って来る。
一方捜査官であるマックス(ジェームズ・マカヴォイ)にとって
スターン・ウッドはかつて心身ともに深い傷を負わされた因縁の相手であり
彼の帰還はマックスにとってまたとないチャンスだった。

衝突を繰り返す二人であったが、政府絡みの陰謀に巻き込まれたことを知り
なんと協力し合い、巨大組織と戦う事になってしまう…

反発しあう二人は生き残ることができるのか…

わあああ全然違うじゃん!

『ビトレイヤー』の意味

というわけで本作『ビトレイヤー』の意味は

『売国奴、背信者、裏切り者、密告者』

らしく。これは誰の事をいってるんでしょうか??
この意味をしってたら誰もあったかヒューマンドラマ
なんか妄想したりしないよお!

まとめ

『Sucker Punch』といいタイトルに“Punch”
とつくものは邦題がガラっとかわる傾向にあるようです。
しかし『パンチへ、ようこそ』だったら
最初にあげたようなストーリーを想像してしまうので(私だけかもしれませんよ)
なんとなくスピーディって感じするよね!!!

さてはて、そんな『ビトレイヤー』の公開はGW!
『X-MEN』のジェームズ・マカヴォイと
『ゼロ・ダーク・サーティ』のマーク・ストロングが
どう共演するのか今から楽しみですね!!

ビトレイヤー
ビトレイヤー
5月4日(祝・土)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
配給:ファインフィルムズ
©The British Film Institute 2013

ビトレイヤー ブルーレイ&DVD (初回限定生産) [Blu-ray]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ( 2013-09-11 )

定価:¥ 4,093 ( 中古価格 ¥ 347 より )

Amazon価格:¥ 1,630

時間:99 分

2 枚組 ( Blu-ray )


関連記事

Starter for 10
starterfor10が日本で発売されたら絶対売れる。
ONE PIECE FILM Z
『ワンピース Z』は声優がすばらしい!
ベルセルク
映画ベルセルクネタバレ感想。蝕きた。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)