映画ベルセルクネタバレ感想。蝕きた。

2013年2月4日

Facebookでシェアする この記事をツイートする Google+で共有する

ベルセルクの劇場アニメシリーズがついに終わっちゃいました。
ベルセルク最大の見せ場である問題の蝕のシーンはかなりのものでした…

ベルセルク

『ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨』
監督:窪岡俊之 主演:岩永洋昭
三浦健太郎の大人気コミック『ベルセルク』の劇場版第三段!黄金時代編クライマックスへ…

さて、ついに終わってしまいました。
ベルセルク黄金時代篇
黄金時代篇ではガッツとグリフィスの友情と鷹の団の栄光
そしてその崩壊~蝕までが描かれました。
ある意味最終章が一番ツッコミどころが有ったかもしれません。
とりあえず思ったことを綴ってくよ。

キャスカかわいいむごい

キャスカ

グリフィス不在の鷹の団を仕切っていたキャスカ。
男勝りで強い心を持っている半面、
グリフィスと、目の敵にしていたガッツの間で心揺れ動く乙女だったりして
大変魅力的なヒロイン(でいいのかな?)なのですが、
回を重ねるごとに乙女成分がどんどん分泌され可愛くなっていきます。

しかしその反面、不幸な事ばかりおこるベルセルク界でも断トツ不幸ちゃんなキャラクターです。
長年支えてきたグリフィスはマッチョの男に奪われるわ
やっとその事実を認めた矢先にマッチョ男は去っていくわ、
グリフィスはヤケを起こして捕まるわ(後述)助かったグリフィスはもう再起不能だわ、
そして最終的にはそのグリフィスにひどい目にあわされて精神崩壊…

ともうムゴすぎるんす!!
キャスカが「疲れちゃった」と身投げするシーンは涙涙!
どんどんか弱くなってしまうキャスカにときめきすら感じられるものの、
精神崩壊して今の状態にまで墮ちてしまったキャスカを思うと
うわああーーっって叫びたくなります。

キャスカとガッツ

そんなキャスカですが一時の幸せなシーンもありますよ。

唐突にはじまるガッツとキャスカのいちゃいちゃシーン。
二人のラブラブっぷりに劇場では斜線の嵐が吹き荒れていました。
ほどなくして、画面でスズメがチュンチュンしだしたので
「ああ、おわりかな?」
と思ったらそれは始まりにしかすぎませんでした。
いやあ長い長い。

考えてみたら前回のグリフィスと姫のシーンもめっちゃ長かったよね。
好きだねそういうの…。

あれ?
今気付いたんだけど原作ではお互い「はじめて」って言ってたよね。
なのにあのガッツの手なれた様…もしや…いやまさか…

だいたいガッツのせい!

gatz

太陽のようにきらきら輝いていたグリフィスがヤケをおこし、ダークサイドに堕ちたのは
何を隠そうガッツのせいです。
これを言ったら元も子もないかもしれません。でもそうでしょ!
グリフィスのとある発言からショックを受けたガッツは
突然鷹の団を抜けちゃいます。ずっとガッツが側にいるんだ、俺のもんだ!
と思ってたグリフィス。

もうやけっぱちのやけやけで姫に突撃(いろんな意味で)しーの、
それから罪を問われーのひどい目に合いーの、蝕も起きーので鷹の団も壊滅しちゃうわけです。

ねえ!お互い素直に心開いてお話しようよ。そうすればまた道も違ったよきっと!
もっと話そうよ!LINEとかで会議しようよ!!

LINE

平成たぬき合戦ぽんぽこじゃん!

みんな大好き蝕!
蝕のシーンがやりたいがためにこの映画作ったんじゃないかな?
というくらい気合いが入っていたと思います。
特にゴッドハンドの登場シーンは見どころでした。
ボイドやスランなどのゴッドハンドたちが、
一人ずつゴゴゴゴゴ・・・・ズバアーンッ!
と君臨する演出はかっけえー!!と思う反面デジャブを覚えました。

そうだ、平成たぬき合戦ぽんぽこの百鬼夜行シーンに似てるんだ!
と思うとなんだか不思議な気持ちになりました。

それと蝕のシーンにしては化け物たちの表現が足りなかった気がします。
もっともっと!ってなりました。
ちょい目立つ化けものは面白かったんだけどザコがなあ…

まとめ

ついに黄金時代篇が完結しました。
三部作通して、ところどころに使われるぬるっとしたCGはそのまんまで、
お楽しみの戦闘シーンがイマイチ迫力にかけていました。
そのせいでモブの兵士たちも似たよーな顔で笑いすらこみ上げる始末。
(隊長!隊長!!のシーンとか)

せっかくだからエンドロールではテーマソングの『Aria』を
フルコーラスで流して頂きたかったのですが
(サビがカッコイイのです!)
途中でまさかのサングラスアゴにかける男の歌にチェンジ!
いやエンドロールっていうか最後に無理やりくっつけて歌の尺とってたのが気になりました。
これじゃAI事変じゃん!
ツイッターのアカウント流さなかっただけ評価するべきかい?

さて、黄金時代篇はこれにて完結となりましたが、続編作る気満々みたいよ!
オープングにシールケとかファルネーゼとか出てたもんね。
次回はもっともっと素晴らしいものが出来るといいね!
とりあえずぬるぬるCGさえなんとかしてくれたらOKやで。
(無理なら時間かけてくれてかまわんから…;;;)

【ベルセルク黄金時代篇1と2の感想はこちら】

©三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

ベルセルク 黄金時代篇III 降臨<本編DISC2枚+CD1枚> [Blu-ray]

販売元:バップ( 2013-06-19 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 2,980 より )

Amazon価格:¥ 4,750

時間:113 分

3 枚組 ( Blu-ray )


ベルセルク黄金時代篇III 降臨のレビューまとめ

ベルセルク黄金時代篇完結編はツッコミどころ満載です…

ベルセルク完結編ということでしたがケミストリーに持っていかれた感じ。問題のR18シーンはモロエロアニメさながら。蝕のシーンは気合が入っていましたが悪魔の表現がところどころ単調。 3作通してあのロボットみたいなCGの戦闘シーンがなんとかなればいいのにね。 続編に期待を込めて…

評価: 3/5

Momoka Higashigawa

関連記事

ONE PIECE FILM Z
『ワンピース Z』は声優がすばらしい!
RED LINE
映画『RED LINE』ネタバレ 感想
ベヘリット
ベルセルク 黄金時代篇Ⅱ ネタバレ感想

映画ベルセルクネタバレ感想。蝕きた。 へのコメント

  1. かしまし

    初めまして。
    初コメさせて頂きます!
    爆笑しながら読ませて頂きました笑
    だいたいガッツのせい!やグリフィスとのLINEのやり取り笑
    これからも頑張って下さい!
    更新楽しみにしております

    返信
    1. oden 投稿作成者

      >かしましさん
      コメントありがとうございます!
      そしてわらっていただけて何よりです笑
      ガッツがもうちょっと素直なら!!とくやむばかりです!!
      てきとうな記事ばかりですがまたぜひいらしてくださいー!

      返信

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)